このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブロッコリー

「コレは今すぐ作りたい…!」びっくりするほどウマいブロッコリーのおひたしレシピとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月22日

メインの付け合わせや彩りといった脇役になりがちなブロッコリー。ちょっと意外ではあるが、「おひたし」にすると、さまざまな味付けで楽しめると知っているだろうか?ここでは、ブロッコリーのおひたしのおすすめレシピを3つ紹介しよう。

  

1. ごま油の和風おひたし

ブロッコリーとオイル
ブロッコリーはカットし、固めに塩茹でする。次に、食品用保存袋に茹でたブロッコリーとめんつゆ、生姜の搾り汁を入れて味をなじませよう。仕上げのごま油をかければ完成だ。食品用保存袋がない場合は保存容器で代用しよう。めんつゆは、醤油や白出汁などの和風調味料でも美味しくいただける。

2. にんにくおひたし

にんにくおひたし
カットしたブロッコリーを茹で、サラダ油でにんにくを炒めよう。保存容器に茹でたブロッコリーと炒めたにんにく、醤油と濃いめに取った出汁を加え、味がなじむまで置いておけば完成。ブロッコリーはにんにくとの相性がよい。食欲をそそる香りと濃い味付けは、ごはんにぴったりのおひたしだ。

3. 中華味おひたし

中華味おひたし
まずはカットしたブロッコリーを電子レンジで加熱する。加熱後は粗熱を取り、キッチンペーパーで水気を拭き取っていく。保存容器に加熱したブロッコリーと醤油、みりん、鶏ガラスープの素、ごま油、ツナ缶を混ぜ合わせ、味をなじませれば完成だ。ブロッコリーは電子レンジで加熱すると時短できる。幅広い年齢層に好まれる中華ふうの味付けは、野菜が苦手な子どもにもおすすめの一品だ。

結論

ブロッコリーのおひたしレシピ3つを紹介した。ブロッコリーは「茹で過ぎない・水分を取り除く」というポイントを押さえれば日持ちさせることができ、常備菜や弁当のおかずに重宝する。一年を通して手に入るブロッコリー。いつも同じ食べ方になっている方は、今回のレシピをぜひお試しいただきたい。
  • 更新日:

    2022年6月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧