このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯物

「洗濯物は裏返しで洗う」のがおすすめって本当?実は知られていないメリットとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月15日

「洗濯物は裏返しで洗うとよい」という話を耳にしたことはないだろうか。洗濯物を裏返して洗うことで、色々なメリットや効果が期待できる。メリットとデメリットの両方を理解したうえで、大切な衣類を正しく手入れしよう。

  

1. 洗濯物を裏返しで洗うメリット

たたんである衣服
洗濯物を裏返しで洗うことにより、服の裏地に付着した汚れが落ちやすくなる。また洗濯機の中で服と服がこすれても、裏返しで洗えば表地を傷める心配がない。汗や皮脂汚れが付着した服や、毛玉ができやすい素材の服などは裏返しで洗うことをおすすめする。肌に直接触れる肌着や靴下も、汗や皮脂汚れが付着しやすいため裏返しで洗うとよいだろう。

2. 洗濯物を裏返しで洗うデメリット

汚れた靴下
洗濯物を裏返しで洗うと、表地の汚れが落ちにくくなる。食事で付着した汚れや泥がついている場合は、裏返さず洗うのがおすすめだ。また洗濯物を外に干す場合は、花粉が付着するかもしれないことを忘れないでほしい。裏地に花粉がつくと、花粉が服の内側にとどまってしまう。とくに花粉症の方は、裏返しのまま干さないよう注意していただきたい。

3. 洗濯物を裏返したまま干してもよい?

干されたシャツ
洗濯物を裏返して干すことには、さまざまなメリットが存在する。まず服の種類によっては、乾きが早くなることだ。ポケット付きのパーカーやボトムスなどは、裏返しで干すことをおすすめする。生乾きも防げて一石二鳥だ。また外に洗濯物を干す場合、気になるのが紫外線による服の色あせだ。裏返して干すことにより、紫外線の影響を裏地がおさえてくれる。花粉が飛散する時期に注意しながら、最適な方法で洗濯物を干そう。

結末

洗濯物を裏返しで洗うことにより、汚れがおちやすくなったり毛玉ができにくくなったりする。汗や皮脂汚れがついた服、毛玉がつきやすい服などは裏返しで洗おう。本記事が、大切な服を長持ちさせるための参考になれば幸いだ。
  • 更新日:

    2022年6月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧