このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハエ取り紙

家に発生するコバエってどこから湧いてくるの!?意外すぎる発生源と適切な対策とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月16日

気温が高くなると、虫に遭遇する機会が増える。家の中でコバエが飛んでいることもあるだろう。殺虫スプレーなどを使えば簡単に駆除できるが、発生源を突き止めなければゼロにはならない。主な発生源や適切な対策を知り、コバエがいない快適な住環境にしよう。

  

1. コバエの主な発生源

生ごみ
どこからともなく飛んでくるコバエには、複数の種類が存在するのをご存知だろうか。キッチンで見かけることが多い「ショウジョウバエ」や「ノミバエ」は、生ごみや腐った野菜などが主な発生源だ。ほかにも植物が発生源となる「キノコバエ」、水がある排水口やトイレなどを好んで生息する「チョウバエ」などが存在する。中には排水口のヘドロや排泄物を好むコバエもいるため、放置するのは不衛生だ。見つけたら早めに駆除すべきである。

2. コバエの発生源にアプローチする方法

ゴミ袋
コバエを1匹でも見つけたら、繁殖する前に発生源を突き止めて駆除しよう。使い終わって放置された食器や空き缶、出しっぱなしの食品や飲み物はないだろうか?また、排水口は定期的に掃除されているだろうか?ほかにも、生ごみや観葉植物が発生源になることがある。こまめにチェックし、コバエの発生源をなくす対策をしてほしい。

3. コバエを寄せ付けないための対策

網戸
コバエが外から侵入しないよう、窓の隙間を「すきまテープ」などでふさいでおこう。すきまテープは、ホームセンターなどで手軽に買える。また網目が細かい網戸に替えたり、窓ガラスの外に殺虫剤をまいたりするのもおすすめだ。コバエはわずかな隙間からでも容易に侵入してくるため、これらの対策を徹底することが大切である。

結論

コバエは種類によって発生源が異なるが、不衛生な環境を好むことは共通している。日頃から家の中を清潔にし、コバエを寄せ付けない環境づくりをしよう。もしコバエを見かけたときは、殺虫スプレーなどですぐに駆除すると同時に、発生源を見つけて根本的な対策をとることが重要だ。
  • 更新日:

    2022年6月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧