このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ステンレスシンク

ステンレスなのに錆びた!?シンクを新品みたいなピカピカにする裏技とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月17日

ステンレス製のシンクは「錆(さび)」に強いとされているが、手入れの仕方を誤ると傷や錆が生じるかもしれない。そこで今回は、ステンレス製シンクの正しい手入れの仕方や、ピカピカにする方法を紹介する。いずれも簡単に行えるので、ぜひ試してほしい。

  

1. シンクの錆を落とす方法

錆びたシンクの排水溝
ステンレス製のシンクであっても、水気を含んだ瓶や缶、金属タワシなどが原因で錆びることがある。日々の手入れとしては、中性洗剤を含ませたスポンジでシンク全体を洗い、布で水気を拭き取るのがよい。シンクがすでに錆びているときは、重曹を使って手入れしよう。方法は、シンクの汚れを落としたあとに、重曹を錆の表面にふりかけて10分程度放置するだけだ。濡らしたスポンジや歯ブラシで磨いて、水で洗い流せば完了である。ただし「赤錆(あかさび)」は、この方法では除去しきれないことが多い。そのような場合は、ステンレス用の錆び落としを使って落とすとよいだろう。

2. シンク周りのの水垢を除去する方法

シンクの清掃
蛇口などに付着した水垢は、メラミンスポンジを使って落とすとよい。ただし表面にツヤ加工が施されたシンクに使うと、傷つける恐れがある。メラミンスポンジが使えるシンクであるかどうか、事前に確認しよう。またシンクの水垢は、酸性であるクエン酸水で落とすのもひとつの方法だ。200mlの水に小さじ1程度のクエン酸を混ぜ、キッチンペーパーに含ませて水垢の部分を覆う。10分程度放置して水垢がやわらかくなったら、スポンジで落として完了だ。最後に乾拭きをすれば、よりきれいになる。汚れの程度に応じて、放置時間やクエン酸の量を変えるとよいだろう。

3. 調理台の手入れの仕方

調味料
調味料などを頻繁に置く調理台も、錆びやすい場所のひとつである。醤油や塩など塩分を含む調味料をこぼしたときは、早めに拭き取ろう。日々の手入れとしては、中性洗剤をつけたスポンジで汚れをこすり、水で絞ったふきんで拭き取るのがよい。最後にアルコール除菌スプレーを吹きかければ、菌が繁殖しにくくなるだろう。

結論

ステンレス製のシンクは錆びにくい性質を持つが、使う調理器具や缶の放置などにより錆びる場合がある。重曹を用意し、錆が悪化する前に取り除こう。またキッチンを汚さないためには、日頃の手入れが大切である。食器洗いの後などにキッチンを掃除する習慣を身につけて、清潔な状態を維持していただきたい。
  • 更新日:

    2022年6月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧