このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
瞬間接着剤

『瞬間接着剤』を失敗しても問題なし!?手や服、机についた接着剤を簡単に剥がす裏技とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月22日

瞬間接着剤が意図しなかった場所についてしまったらどのように対処したらいいのだろうか。今回は「手などの皮膚」「衣服」「机」とシチュエーション別に剥がし方を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 皮膚についた場合の剥がし

指
皮膚についた瞬間接着剤を強引に剥がすと皮膚を傷めてしまう恐れがある。そのような時は、まず40〜43℃程度のぬるま湯に瞬間接着剤がついた部分を浸そう。それからゆっくり揉むようにしてから剥がすといい。時間はかかるものの、薬剤を使用しないので安全だ。

2. 衣服についた場合の剥がし方

ワイシャツ
アセトン(除光液)を綿棒に染み込ませ、瞬間接着剤がついた場所に塗り、染み抜きをするイメージで剥がそう。なおアセトンは皮膚が荒れることもあるので、手袋をしてから作業したほうが安全だ。また瞬間接着剤がついた場所をガーゼで挟み、アイロンをかけて剥がす方法もある。

3. 机についた場合の剥がし方

机
机に瞬間接着剤がついた時には、市販の剥離剤を使う方法がある。剥離剤を瞬間接着剤がついた部分に厚めに塗布して、数分間そのままにしておいてから布で拭き取ればOKだ。一度で剥がせない場合は、何度か同じ作業を繰り返して少しずつ剥がそう。

結論

瞬間接着剤を誤ってつけた場合は、ついた場所によって剥がし方を変えよう。また市販されている剥がし液や薄め液を使う場合は、素材を傷めないか事前に確認することが重要。いずれの場合も無理に剥がさず、ゆっくり作業することがポイントだ。
  • 更新日:

    2022年6月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧