このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
椅子

座りながら腹筋を鍛えられるってほんと?オフィスでできる簡単トレーニングとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月23日

気合を入れて筋トレを始めても、途中で挫折してしまう方は多いだろう。仕事や家事の合間にできるトレーニングであれば、長続きする可能性が高い。座りながらできる腹筋のトレーニングを紹介していこう。

  

1. 座りながらの腹筋運動は可能?

椅子
結論からいうと、座りながらの腹筋運動は効果的である。1日のうち座っている時間が長い方は、その時間を活用すれば効率的に腹筋を鍛えることができるのだ。しかも、正しい姿勢で座るだけでも腹筋を鍛えることができる。椅子の背もたれは使わず、背筋をまっすぐ伸ばして座ってみよう。頭から腰までを一直線にするイメージだ。ひざやかかとを閉じればさらに効果的である。

2. 座りながらクランチやドローインをする方法

筋トレしている男性
腹筋を鍛えるトレーニングといえば、クランチやドローインが有名だ。この2つのトレーニングは椅子に座った状態でもできる。まずはクランチのやり方を紹介していこう。椅子に浅めに座って背筋を伸ばし、両手で椅子の横をつかめば準備完了だ。その後、両脚をそろえてひざを曲げながら胸のほうに引き上げていこう。脚を元に戻し、この動作を10回くり返せば1セット完了だ。1日3セットを目標にがんばってみよう。続いては、ドローインのやり方を紹介していこう。椅子に浅めに座ったら背筋を伸ばし、ゆっくりと息を吐きながらお腹を思いきりへこませる。その後は浅い呼吸を続けながら、お腹をへこませた状態を10〜30秒キープし、お腹を元に戻したら1セット終了である。

3. チェアレッグリフトで体幹を鍛える

ダンベルと水
続いては、座りながら体幹を鍛えるチェアレッグリフトを紹介していこう。椅子に浅めに座って背筋を伸ばし、両手で椅子の横をつかもう。両脚をまっすぐ伸ばした状態で限界まで上げていき約2秒間キープし、足を元に戻す。13回1セットで1日3セットを目標にがんばってみよう。

結論

椅子に座りながらでも、腹筋や体幹を鍛えることはできる。道具不要ですきま時間に手軽にトレーニングできるため、仕事や家事で忙しい方にもおすすめだ。姿勢を正すだけでも腹筋は鍛えられるため、ぜひ今日から試してみてほしい。
  • 更新日:

    2022年6月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧