このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピザトースト

【ただのトーストじゃ味気ない。】朝の忙しい時間の救世主『作り置きトースト』とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月24日

忙しい朝に手の込んだ朝食を用意するのは大きな負担となる。朝食はできる限り簡単に済ませたいが、味や栄養バランスも気になるところだ。そこでおすすめなのが作り置きトーストである。今回は、作り置きトーストのメリットや作り方を紹介していこう。

  

1. 朝食の悩みを解決してくれる作り置きトースト

トースト
作り置きトーストは、冷凍庫から出してオーブントースターで焼くだけなので手軽だ。朝食の準備が楽になる点が一番のメリットだろう。朝食はトーストと飲み物だけで済ます方もいると思うが、作り置きトーストであればバリエーションが豊富で飽きにくい。複数のバリエーションを用意しておけば、その日の気分で好きなものを解凍して食べればよい。作り置きトーストであれば、栄養バランスを考えて作ることもできる。

2. 作り置きトーストの作り方

トースト
続いては、作り置きトーストの作り方を紹介していこう。作り置きトーストの作り方は、市販の食パンに、ソースや具材を乗せて冷凍するだけだ。ソースは手作りでも市販品でも構わない。具材も基本的には何でもよいが、水気の多い具材は避けたほうが無難だろう。完成したら空気が入らないようにしっかりとラップで包み、保存袋に入れて冷凍庫で保存すれば完了だ。具材にもよるが、2〜3週間は冷凍保存ができる。食べる時はラップをはがし、オーブントースターで焼くだけだ。具材が多いと上手く焼けないことがあるため、事前に冷凍庫から出して、常温で解凍しておくことをおすすめする。急いでいる時は電子レンジで解凍してもよい。

3. 作り置きトーストに向いている具材やソース

茹で卵にマヨネーズ
作り置きトーストに、どのような具材やソースを使えばよいのか悩んでしまう人もいるだろう。多くの家庭が常備しているマヨネーズやケチャップはいかがだろうか。マヨネーズをベースに、ケチャップや味噌を混ぜてみるのもおすすめだ。具材はハムやソーセージなどの加工肉、保存がきくツナ缶が向いている。仕上げにチーズをトッピングするのもよい。

結論

今回は、朝食に最適な作り置きトーストを紹介してきた。さまざまなバリエーションを用意しておき、家族に好きなものを選んでもらって解凍まで任せてしまってもよいかもしれない。オーブントースターで焼くだけなので、子どもでも調理しやすくおすすめのメニューである。
  • 更新日:

    2022年6月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧