このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホイル焼き

コレだけは絶対にやったらダメ。フライパンで『ホイル焼き』を作るとき絶対に注意すべきこと

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月20日

フライパンを使ったホイル焼きは、作り方が簡単で失敗も少ないのが魅力だ。好みの具材をアルミホイルで包みフライパンで加熱するだけだが、注意しなければならないこともある。今回は、フライパンで作る「ホイル焼き」の注意点と後悔しないための対策を紹介しよう。

  

1. フライパンを使ったホイル焼きの注意点

フライパン
注意が必要なのは、テフロンなどでコーティング加工してあるフライパンを使う場合である。ホイルが接していない部分が空焚きの状態となり、高温によってコーティングがはがれる恐れがあるのだ。ただし、コーティングのない鉄製のフライパンであれば、高温になっても問題ないので安心して使えるだろう。

2. 水を張ってフライパンを守る

シンク
コーティング加工されているフライパンでホイル焼きを作るときにおすすめなのが、フライパンに少量の水を張ってからホイル包みをのせて加熱する方法だ。水があることで空焚き状態になるのを防ぎ、フライパンのコーティングを守ることができる。加熱の途中で水が蒸発して無くなってしまわないように、気をつけながら調理しよう。

3. 弱火でフライパンを守る

ガスコンロ
フライパンのコーティングを守るには、弱火を使うという手もある。簡単な方法ではあるが、ホイル焼きが完成するまで少し時間がかかってしまう。加熱時間を短くするには、食材を常温に戻し、火の通りやすいサイズに切るなどの準備が必要になる。

結論

フライパンでホイル焼きを作るときは、まずフライパンの種類を確認することが大事だ。コーティング加工されているフライパンは高温に弱いので、少量の水を張るか弱火で調理しよう。フライパンを傷めないように気をつけながら、美味しいホイル焼きを作ってほしい。
  • 更新日:

    2022年6月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧