このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレの『水垢』を落とす裏ワザ

そのまま放置は絶対NG。トイレの頑固な『水垢』を一発で落とす3つの裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月24日

いつの間にかトイレに付着する水垢はどうすれば落ちるのだろうか?今回はトイレの黄ばみや黒ずみの落とし方を紹介する。洗剤やクエン酸などを使って水垢を落とす方法をくわしく解説しよう。水垢を予防する方法もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. トイレの水垢や黄ばみ、黒ずみの原因

トイレの水垢や黄ばみ、黒ずみの原因
水垢や黄ばみ、黒ずみは何が原因なのだろうか?
水垢は水道水や尿に含まれるミネラル成分が固着したものだ。水を流してもミネラル成分はわずかに便器に残り、徐々に蓄積されて水垢となる。
黄ばみは尿石が元になっている黄色い汚れだ。尿に含まれるカルシウム成分が固まることでできる。一方の黒ずみは、雑菌の繁殖やカビが主な原因である。

2. 洗剤ごとの掃除方法や注意点

洗剤ごとの掃除方法や注意点
洗剤の種類ごとに汚れを落とす方法を確認していこう。

酸性洗剤を使う場合

水垢に酸性洗剤をかけ、2~3分放置した後こすり洗いをしたら完了だ。酸性が強いため、ゴム手袋の着用や換気を忘れずに行おう。塩素系漂白剤と混ぜると、有毒ガスが発生して危険なので注意してほしい。

クエン酸を使う場合

洗浄力はやや落ちるが、クエン酸も掃除に使える。敷き詰めたトイレットペーパーにクエン酸スプレーをかけ、1~2時間ほど放置した後こすり洗いしよう。クエン酸も酸性なので、塩素系漂白剤と混ぜてはいけない。

クレンザーを使う場合

スポンジに研磨剤であるクレンザーを含ませ、円を描くようにこする。強くこすると傷ついた表面に汚れが入り、黒ずみが発生しやすくなるため、気をつけよう。

3. トイレの水垢・黄ばみ・黒ずみを予防する方法

トイレの水垢・黄ばみ・黒ずみを予防する方法
トイレの水垢や黄ばみ、黒ずみを予防するには、こまめな掃除が肝心だ。また月1回は酸性洗剤や塩素系漂白剤を使って入念に掃除をしよう。タンク内でカビが発生すれば、水を流した際に便器内に移ってしまうこともあるため、定期的なタンク内の掃除もおすすめする。

結論

トイレに付着した水垢や黄ばみ、黒ずみは方法次第でキレイにできる。すぐには落ちない汚れも、掃除を繰り返せば少しずつ落ちることもあるので、諦めずにやってみてほしい。掃除の際はしっかり換気をすることや、酸性と塩素系漂白剤の扱い方にも注意しておこう。
  • 更新日:

    2022年7月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧