このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
『物干し竿』の処分方法

いらなくなった『物干し竿』ってどう捨てればいいの?知らないと損な4つの処分方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月30日

使い古した物干し竿をどう処分したらいいのか、ご存知だろうか。物干し竿は大半ステンレスやアルミでできており、短くても1mは超えるため一般的には粗大ごみとして処分する。今回は知っておきたい物干し竿の処分方法を4つ紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 物干し竿を「粗大ごみ」として捨てる

物干し竿を「粗大ごみ」として捨てる
粗大ごみの定義は自治体によって異なるが、物干し竿の長さや材質を考慮して粗大ごみで出すのが一般的。事前に電話やインターネットで収集の予約と回収料金の確認をしておこう。その後、指定の粗大ごみシールを購入し貼り付けて準備する。当日は玄関先に物干し竿を出しておくだけで回収に来るので手間がかからない捨て方である。

2. 物干し竿を切断して「不燃ごみ」として捨てる

物干し竿を切断して「不燃ごみ」として捨てる
自治体によって異なるが、粗大ごみの大きさである物干し竿はパイプカッターで30㎝から50㎝未満で切断し、指定のごみ袋に入れば不燃ごみで出してもいいようだ。専門のパイプカッターは100均やホームセンターなど身近なお店で売っており、素人でも簡単に切断できる。費用はごみ袋代のみとローコストで済ませられる。

3. 物干し竿を「不用品回収」として捨てる

物干し竿を「不用品回収」として捨てる
物干し竿の処分料金は1本あたり500円程で業者が回収に来るが、場合によって運搬出張費が3千円程かかり高くつく可能性があるため注意しよう。業者に連絡し支払いを完了すれば回収に来るため、手軽に処分できる点はメリットだ。

4. 物干し竿をサイトやアプリを利用して「売却」する

物干し竿をサイトやアプリを利用して「売却」する
物干し竿の状態がよければオークションサイトやフリマアプリで売却するのもいいだろう。しかし、この方法は運搬費が高くつくため、運送費を落札者負担にするか、運送費を抑えるため近場に住んでいる方限定で直接引取するといいだろう。また物干し竿を買い替えの予定がある場合は、無料下取りサービスを行っているホームセンターへ持ち込めば費用をかけずに処分可能だ。

結論

物干し竿の捨て方は粗大ごみだけではない。物干し竿は不燃ごみ、回収業者、売却とさまざまな方法で捨てられるため、粗大ごみとして出すより処分費用や手間をかけずに済む場合もある。自分に合った捨て方で処分しよう。
  • 更新日:

    2022年7月30日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧