このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯水栓

洗濯機の『水栓』を開けっぱなしはNGってほんと!?知っておくべきリスクとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月26日

洗濯をするたびに洗濯機の水栓の開閉をしているだろうか?水漏れの恐れがあるので、洗濯水栓を開けっ放しにするのはやめよう。ホースが外れた際に水が出ないようになっているストッパー付きのものなど、さまざまな種類がある。洗濯水栓の種類と自分で水栓を交換する方法を紹介する。

  

1. 洗濯水栓の開けっ放しの危険性

洗濯水栓の開けっ放しの危険性
洗濯水栓を開けっ放しにしていると、洗濯水栓からホースまでの間で水が流れ続けている。もし給水ホースが外れたら、水漏れが発生して床が水浸しになり、家具などをぬらしたりする危険性が高い。洗濯機を使っていないときは、必ず洗濯水栓を閉めよう。

2. 洗濯水栓の種類

洗濯水栓の種類
洗濯水栓の種類には、壁側から洗濯水栓が飛び出している「露出タイプ」、洗濯水栓が壁に埋め込まれている「埋め込みタイプ」、洗濯水栓の中に止水栓が付いている「ストッパー付きタイプ」がある。ストッパー付きのものは水が自動で止まる仕組みになっているので、水漏れを防いでくれる。

3. DIYしよう!ストッパー付き洗濯水栓への交換

DIYしよう!ストッパー付き洗濯水栓への交換
ストッパー付き洗濯水栓の交換は、必ず水道の元栓を閉めてから行おう。タオルで押さえながら給水ホースを引き抜き、現状の洗濯水栓を取り外す。配管内が汚れている場合は、歯ブラシなどで汚れをしっかり取り除こう。配管と洗濯水栓を密着させるために、洗濯水栓にシールテープを巻き、新しい洗濯水栓を配管内に取り付けて水漏れがないことを確認できれば完成だ。

結論

洗濯水栓を開けっ放しにしていると、給水ホースが外れたときに水漏れのリスクがある。使っていないときは洗濯水栓を閉めるようにしよう。洗濯水栓にはさまざまな種類があり、給水ホースが外れたときに水漏れを防いでくれるものもある。水漏れリスクを減らしたい場合は、自分で洗濯水栓の交換ができるので、参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2022年7月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧