このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お葬式に履くのはNGな靴

これを履いていくのは本当に失礼。お葬式に絶対NGな靴とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月27日

葬式の靴選びに悩んだ経験はないだろうか。普段以上にマナーに注意したい葬式という場では、靴選びにも気を遣ったほうがよいだろう。今回は、葬式で履くべき靴について解説していこう。

  

1. 男性は色やデザインに要注意

男性は色やデザインに要注意
男性が葬式に参列する際は、黒色の革靴を選ぼう。茶色の革靴は避けたほうが無難だ。靴の素材に関しては、本革か合成革を選ぶとよい。靴のデザインは、つま先に1本だけ横ラインが入ったストレートチップか、ラインのないプレーントゥがおすすめである。光沢のある靴や装飾がある靴は、葬式にはふさわしくないため避けよう。

2. 女性はヒールの高さに要注意

女性はヒールの高さに要注意
男性が葬式に参列する際は、男性と同様に黒色で本革か合成皮の靴が望ましい。つま先の丸い、シンプルな黒色パンプスを選べば間違いない。女性の場合は、色やデザインだけでなく、ヒールの高さにも気をつけてほしい。ヒールの高さは3~5cmが理想的だ。ヒールがないほうが歩きやすくフォーマルな印象があるかもしれないが、実はフォーマルな場ではヒールのない靴はNGなのだ。少しでもヒールのある靴を選んでほしい。

3. 子どもはフォーマル靴ではなくてもOK

子どもはフォーマル靴ではなくてもOK
高校生以下の子どもが葬式に参列する場合は、ローファーや革靴が理想的だ。しかし、ローファーや革靴が用意できない場合は、スニーカーでも問題はない。葬式にスニーカーを履いていきたい場合は、できるだけ落ち着いたデザイン・色を選んで参列しよう。高校生以下であればスニーカーでも問題ないが、大学生になったら喪服と黒色の革靴を用意しておくと安心だ。

結論

今回は、葬式に履いていく靴について男性・女性・子ども別に解説してきた。男女ともに、黒色の革靴を履いていくのが望ましい。デザインはできるだけシンプルなものを選び、女性の場合はヒールの高さが3~5cmのものを選ぼう。子どもの場合、ローファーや革靴がすぐに用意できない場合はスニーカーでも問題ない。
  • 更新日:

    2022年7月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧