このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
玉ねぎの芽

発芽した玉ねぎは食べていいの!?実は芽にも【新しい楽しみ方】があるって知ってた?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月28日

玉ねぎをそのまま長期間保存していると芽が出てくることがあるが、芽が出た玉ねぎは食べても大丈夫なのか疑問に思う人もいるだろう。そこで今回は、芽が伸びた玉ねぎは食べられるのかを解説するとともに、意外な楽しみ方もお伝えする。

  

1. 玉ねぎの芽は食べても問題なし!

玉ねぎの芽は食べても問題なし!
玉ねぎの芽には毒性がないので、食べても大丈夫だ。ただ成長した芽は辛味が強くなり、食感も悪くなる。そしてさらに芽が伸びると、玉ねぎそのものも食感や味わいが落ちるので気をつけよう。芽が出ないようにするには、直射日光が当たらず風通しのよい場所で保管するのがポイントだ。これで1~2ヶ月程度は芽が出るのを防げる。

2. 玉ねぎの芽の対処方法

玉ねぎの芽の対処方法
玉ねぎの芽が成長してきたら、まず玉ねぎの先端を切り落とし皮をむく。それから半分にカットして、芯を取り除けばOKだ。取った芽は洗って小口切りにしておけば、さまざまな料理に利用できる。

3. 芽が出た玉ねぎの育て方

芽が出た玉ねぎの育て方
芽が出た玉ねぎは、そのまま水耕栽培で育てるのもひとつの選択肢だ。玉ねぎの根っこの部分が水に浸るようにして、1週間に1度水を交換して育てれば芽が20cmほどに育つ。育ったら芽の部分を15cm程度切って食べても、その後に1~2回は収穫可能だ。

結論

玉ねぎの芽は食べても大丈夫だが、そのままにしておくと玉ねぎの食感や味が悪くなる。早めに切って青ねぎのかわりに料理に使うのがおすすめだ。また水耕栽培にして芽を育てる楽しみ方もあるので、今回の記事を参考に試してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年7月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧