このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
『牛肉』を生焼けで食べてOKな理由

『牛肉』を生焼けで食べてOKなのには理由がある?実は知らない危険な場合もあるってほんと!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月29日

豚肉や鶏肉は中までしっかりと火を通さなくてはいけないが、牛肉は生焼けで食べてもよいイメージが強いのではないだろうか。今回は、牛肉を生焼けで食べてもOKな理由を解説していこう。食べると危険な場合や対策も合わせて解説していく。

  

1. 牛肉を生焼けで食べてもOKな理由

牛肉を生焼けで食べてもOKな理由
牛肉を生焼けで食べてもOKな理由は、人体に悪影響を及ぼすような細菌や寄生虫が存在している可能性が低いからだ。牛肉の表面に食中毒の原因となる細菌が付着している可能性はあるが、表面に付着した菌は加熱することで死滅することが多い。生食にはリスクがあるが、表面をよく焼いて中がレア状態の牛肉であれば多くの場合は問題がない。

2. 牛肉の生焼けで食中毒になるケースとは?

牛肉の生焼けで食中毒になるケースとは?
生焼けの牛肉でもまれに食中毒になるケースはあり、その原因の多くは表面や側面をしっかりと焼いていないことにある。食中毒の原因となる細菌は、肉の表面や側面に付着しているからだ。食中毒の原因となる細菌は、腸管出血性大腸菌である「O157」や「O111」、「カンピロバクター」である。これらの細菌は、梅雨時期から夏の終わりにかけて活発になるためくれぐれも注意しよう。

3. 調理のポイントと生焼けを避けたほうがよい人

調理のポイントと生焼けを避けたほうがよい人
牛肉を生焼けで楽しみたい場合は、食中毒を防ぐ調理のポイントを抑えておこう。調理の前には手を洗い、清潔な調理器具や食器を使うことを徹底してほしい。牛肉は中心部を75度以上で1分以上加熱することで、表面や側面についている細菌を死滅させることができる。これらのポイントを抑えておけば食中毒のリスクは少ないが、子どもや高齢者など免疫力が弱い人は生焼けの牛肉は避けたほうがよいだろう。

結論

牛肉には人体に悪影響を及ぼすような細菌や寄生虫が存在している可能性が低いため、生焼けで食べてもほとんどの場合は問題ない。ただし、肉の表面や側面に食中毒の原因となる細菌がついている可能性があるため、肉の表面や側面をしっかりと焼こう。また、免疫力が弱い子どもや高齢者は生焼けは避けたほうがよいだろう。
  • 公開日:

    2022年7月27日

  • 更新日:

    2022年7月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧