このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
「日本では当たり前なのに!?」外国人から【不評】な意外な食材とは…?

「日本では当たり前なのに!?」外国人から【受け入れられにくい】な意外な食材とは…?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月23日

日本人だけでなく、海外の人からも注目されている「日本食」。実は和食の中には、海外の人が好まない食材が使用されているのをご存知だろうか。本記事では、海外の人にとって珍しい食材や、受け入れられにくい調理方法について解説する。

  

1. 海外であまり親しまれていない「あの食材」とは?

海外であまり親しまれていない「あの食材」とは?
日本では、正月に食べる習慣がある餅。独特の食感や喉につまらせるリスクが挙げられることから、実は海外の人に受け入れられにくい食材である。こんにゃくも同様だ。またウニや白子、タコや海藻類などの海産物も、敬遠されることがある。理由として宗教上の理由や味、見た目などの問題が挙げられるだろう。

2. 日本では高級食材とされる「あの食材」も...

日本では高級食材とされる「あの食材」も...
皆さんは「高級食材」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか?日本の代表的な高級食材のひとつに、松茸がある。香りや食感を楽しみながら食べる人も多いはずだが、海外では、その「香り」に苦手意識を覚える人がいるようだ。またフグも、受け入れられにくい食材のひとつである。わざわざ毒抜きをしてまで食べるという点が、海外の人には理解されにくいらしい。

3. 海外の人に受け入れられにくい調理方法とは?

海外の人に受け入れられにくい調理方法とは?
海外の人に受け入れられにくい調理方法のひとつに、生食がある。適切な方法で処理された料理でも、衛生面に不安を感じる人がいるようだ。具体的には踊り食いや刺身、生卵や生肉などが挙げられるだろう。ほかに、大人数で箸をつつく鍋料理などを苦手とする国もある。海外の人をもてなす際は文化の違いを理解し、必要に応じて取り箸などを用意しよう。

まとめ

今回は、海外の人との食文化の違いについて紹介した。私たちにとって当たり前のことが、海外の人には受け入れられにくい場合がある。一緒に食事をするときは、宗教の違いや国の文化を考慮することが大切だ。
  • 更新日:

    2022年7月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧