このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ローソン】甘いブリオッシュとカスタードが相性抜群!ノルウェー生まれの『スコーレブロー ココナッツ&カルダモンブリオッシュ』

【ローソン】甘いブリオッシュとカスタードが相性抜群!ノルウェー生まれの『スコーレブロー ココナッツ&カルダモンブリオッシュ』

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月25日

2022年6月28日(火)に、ローソンから『スコーレブロー ココナッツ&カルダモンブリオッシュ』が発売されました。「世界のパンde旅気分」シリーズの商品のようです。パッケージには「ヨーロッパ」の文字。「スコーレブロー」という言葉、初めて聞きました。ヨーロッパの、どこの国のパンなのでしょう?

  

1. 「スコーレブロー」はノルウェーの菓子パン

「スコーレブロー」はノルウェーの菓子パン
ローソン『スコーレブロー ココナッツ&カルダモンブリオッシュ』。
価格は、160円(税込)。
カロリーは、383kcal。
公式サイトを確認すると「スコーレブロー」とはノルウェーの菓子パンのようです。
アイシングされた甘いブリオッシュにココナッツフレークをたっぷりトッピングし、真ん中には黄色いカスタードクリーム。
とてもかわいらしいパンですね。

2. 甘いブリオッシュがおいしそう!

甘いブリオッシュがおいしそう!
袋を開けるとこんな感じ。
アイシングで覆われたブリオッシュ生地がおいしそう!
カスタードクリームからはカルダモンのよい香りがします。

3. 真ん中にはカスタードクリームがたっぷり

真ん中にはカスタードクリームがたっぷり
半分にカットするとこんな感じ。
一般的なクリームパンではパン生地の中にクリームが入っていますが、スコーレブローでは真ん中にクリームが真ん中に絞られています。
ひと口かじるとシャリシャリのアイシングとなめらかなカスタードクリームが口の中で合わさって優しい味わい。
「スコーレブロー」の「スコーレ」は「学校」の意味ですが、学校に通っている子どもの時に食べたら夢中になってしまう菓子パンだな、と思いました。

結論

甘いブリオッシュとたっぷり入ったカスタードクリームが相性抜群の『スコーレブロー ココナッツ&カルダモンブリオッシュ』。
ブリオッシュにかかっているアイシングのシャリシャリとした食感も病みつきになりそうです。
気になる方は、ぜひお試しくださいね。
  • 記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
  • 更新日:

    2022年7月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧