このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイピンつけ方

ネクタイピンをなぜするのか知ってる?その理由と差がつくオシャレなつけ方って?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月28日

突然だが、皆さんはネクタイピンをお持ちだろうか。近年はスーツを着用していても、クールビズの観点などからネクタイをつけない人もいるはずだ。本記事では、ネクタイピンを装着する理由やオシャレなつけ方を紹介する。フォーマルな場で困らないためにも、ぜひ知っておいてほしい。

  

1. ネクタイピンをつける理由

ネクタイピンをつける理由
ネクタイピンには、ネクタイが動くのを防ぎつつ立体感を維持するという役割がある。さまざまな種類があるが、幅広いシーンで重宝するのは「タイクリップ」だ。ワニ口式のネクタイピンで、オーソドックスな形ともいえるだろう。ほかにもスマートな印象を与える「タイバー」や、シャツとネクタイをピンバッチのように固定する「タイタック」などがある。パーティーなどには、チェーンがついた「タイチェーン」が活躍するだろう。

2. ネクタイピンはどこにつける?

ネクタイピンはどこにつける?
ネクタイピンをつける位置に、厳格なルールはない。ただし、つける位置を誤ると全体のバランスを崩してしまうことがあるので注意しよう。とくにジャケットを着用しない場合、ネクタイピンをつける位置によって印象が大きく変化する。シャツの第4ボタンから第5ボタンの間につけることで、スマートに見せられるだろう。手を洗うときに、ネクタイが濡れる

3. ネクタイピンのオシャレなつけ方

ネクタイピンのオシャレなつけ方
まずビジネスシーンでは、ネクタイピンが主役にならない方がよい。タイタックやタイチェーンは使用せず、タイクリップなどを用いてシンプルに仕上げよう。結婚式などのお祝いの場では、遊び心があるネクタイピンをつけるとよい。少々派手なデザインであっても、新郎新婦より目立つことなくオシャレな雰囲気を醸し出せるはずだ。

まとめ

ネクタイピンは、種類やつけ方によって印象を大きく左右する。シーンにあった形やデザインのものを選び、オシャレな使いこなしをしてほしい。百貨店やショッピングセンターなどでも取り扱っているので、気になる人は一度足を運んでみるとよいだろう。
  • 更新日:

    2022年7月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧