このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おかずの下のパスタ

「この発想、天才か」【お弁当のおかずの下にパスタ】が敷いてある理由。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月27日

お弁当のおかずの下に、パスタが敷いてあるのは決して珍しい光景ではない。ただ、おかずの下へ敷くことに何か意味はあるのだろうか。今回はその答えと、健康を気遣う人へのアドバイスを記事にした。「おかずの下のパスタ」の謎が気になる人はぜひ読んでほしい。

  

1. おかずの下にパスタが敷いてある驚きの理由

おかずの下にパスタが敷いてある驚きの理由
おかずの下にパスタが敷いてあるのは、そのおかずを固定するためである。というのも、お弁当の容器へおかずを直に入れると、配送トラックで運ぶときや陳列するときに動いて中身が偏ってしまう。おかずの下にパスタを敷いておけば、クッションのような役割を果たしてくれるはずだ。見た目の美しさをキープできるのも、うれしいポイントである。

2. 残ったソースを最後まで食べられる!

残ったソースを最後まで食べられる!
パスタがおかずの下に敷かれていることで、容器に残った「おかずのソース」を最後まで食べられる。ソースを、パスタにうまく絡めていただこう。味が濃いソースであれば、それをおかずに白米が進むかもしれない。

3. 市販のお弁当のカロリーが気になる人へ

市販のお弁当のカロリーが気になる人へ
市販されているお弁当のカロリーや栄養面が心配な人は、お弁当の選び方を工夫するとよい。たとえば麺類や丼、お好み焼きなどは、どうしても栄養が偏りがちだ。単品メニューは避け、色々なおかずが入った幕の内弁当を選ぶことをおすすめする。また、無理に完食する必要はない。エコの観点でいえば食べ切るに越したことはないが、塩分が多いと感じたおかずや、比較的高カロリーな白米などは残す勇気も必要である。

まとめ

おかずの下に敷いてあるパスタは、ただの飾りやオマケではないことを理解していただけただろうか。お弁当の偏りを防いでくれ、食べるときはおかずのソースを絡められる。一つのウンチクとして、家族や友人にも教えてあげよう。
  • 公開日:

    2022年7月26日

  • 更新日:

    2022年7月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧