このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
家の中で一番危険なサイン?このサインだけは見逃してはいけない。

家の中で一番危険なサインって知ってる?このサインだけは見逃してはいけない。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月25日

生活するうえで重要な道具のひとつがガスコンロである。ガスコンロは不具合を見逃して使用し続けると、重大な事故につながることもあるため要注意だ。今回はガスコンロの寿命や、テーブルコンロとビルトインコンロの不調のサインについてお話していこう。

  

1. コンロの寿命は何年?

コンロの寿命は何年?
テーブルコンロの寿命は5~7年程度、ビルトインコンロの寿命は10年以上が目安である。使用頻度や使い方、手入れの仕方などさまざまな条件によって寿命は変わる。丁寧に使用し、手入れもこまめに行っていれば寿命は延びるだろう。

2. テーブルコンロとビルトインコンロの不調のサイン

テーブルコンロとビルトインコンロの不調のサイン
テーブルコンロとビルトインコンロは、共通して以下の不調がみられる。
  • 点火しない/火の付きが悪い/火がすぐに消えてしまう
  • 点火のとき「ボッ」という音がする
  • 炎の色が安定しない/火力が思うように調節できない
そのほか、テーブルコンロの場合、ガスを送るホースに不具合が生じ、ガスのにおいが漏れ出ることもある。

3. 寿命に関わらずガスコンロの不調は点検や買い替えを検討する

寿命に関わらずガスコンロの不調は点検や買い替えを検討する
年数に係わらず、少しでも不調を感じたら点検や買い替えを検討してほしい。なぜなら、不完全燃焼によって一酸化炭素が発生すると、一酸化炭素中毒や火災などのリスクが生じるからだ。少しでも異変があれば使用を中止し、窓を開けるなど換気を十分に行ったうえで速やかに点検を依頼しよう。

結論

寿命はもちろん不調をきたしているガスコンロを使い続けると、ガス漏れや火災など重大な事故につながる恐れがある。点火しない、異臭(異音)がするなどの不調を感じたら、ガスコンロを購入した店やメーカー、業者に連絡してすぐに点検してもらうことが大切だ。
  • 更新日:

    2022年7月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧