このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
『がんもどき』食べ方や由来

『飛竜頭』って何て読むか知ってる?実は意外なアノ食べ物ってほんと!?食べ方や由来について徹底調査!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月26日

飛竜頭という食べ物が存在するが、関東ではなじみがなく読み方もわからない人が多いだろう。しかし実は、誰もが目にしたことや食べたことのある食べ物なのだ。今回は、飛竜頭の読み方や由来について解説していこう。

  

1. 飛竜頭とは何か?読み方や由来を解説

飛竜頭とは何か?読み方や由来を解説
飛竜頭は「ひりょうず」と読み、崩した豆腐に山芋・卵・野菜などを混ぜ込んで油で揚げた料理だ。ポルトガルのフィリョースという伝統菓子の作り方によく似ていたことから、江戸時代の末期には飛竜頭と呼ばれるようになったという説がある。
飛竜頭に使われている材料はがんもどきと同じ。つまり飛竜頭はがんもどきのことだ。関西では飛竜頭と呼ばれるが、関東ではがんもどきと呼ばれている。

2. 飛竜頭のおすすめの食べ方

飛竜頭のおすすめの食べ方
飛竜頭はさまざまな料理にして味わえる。揚げたてをそのまま食べるのもいいが、おでんの具材や煮物として使うと、出汁がしみて美味しい。また、フライパンで焼いて生姜?油をつけて食べると絶品だ。一度揚げ焼きにすると香ばしくなり、焼き立ての美味しさを味わうことができる。

3. 飛竜頭はメインでも副菜でもOKな食べ物

飛竜頭はメインでも副菜でもOKな食べ物
飛竜頭はメインとしても副菜としても使うことのできる万能な食べ物だ。飛竜頭をメインにした献立なら和食がおすすめ。味噌汁や和え物、卵焼きなどの和食で揃えると、健康的でヘルシーな献立になる。飛竜頭を副菜とした献立なら、焼き鳥や野菜に肉巻きなどのしっかりとした味付けの料理と組み合わせると、バランスよく食べられる。

結論

飛竜頭はがんもどきのこと。関西では飛竜頭と呼ばれ、関東ではがんもどきと呼ばれているのだ。揚げたての飛竜頭も美味しいが、煮込みや焼き物にしても美味しくいただける。さまざまな料理に飛竜頭を取り入れてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年7月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧