このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
木にネジをしめている

知っておくべき!『ネジの溝』が完全に潰れた時の対処方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月31日

ドライバーなどによりネジの頭の溝をいため、ドライバーが正しく食い込まないようになることを「ネジをなめる」という。ネジを締める場合なら新しいネジと交換すればいいが、外す場合、事態はさらに深刻だ。今回は、なめたネジを除去する対処方法について紹介しよう。

  

1. ネジの頭部をペンチでつかんで回す対処方法

ロッキングプライヤー
外したいネジが「なべネジ」や「トラスネジ」など、ネジの頭部がめねじや本体から突出している場合、ペンチやプライヤーなどでつかみ、回すことで取れる場合がある。このとき、普通のペンチよりもロッキングプライヤー(バイスプライヤー)を使えば外しやすくなる。ロッキングプライヤーは対象のサイズに合わせて顎の開口度合いを調整し、挟むことで、ものを強くつかむことができるためだ。ネジ外し専用工具を使えば、さらに外しやすい。ネジを外すことに特化した工具は、先端が円形にえぐれ、横だけでなく縦方向にも溝があるため、しっかりと滑らずにネジの頭をつかむことができる。

2. ネジの頭にマイナスの溝を作る対処方法

鉄ノコ
ネジ頭が半球形でつかみにくい場合や、皿ネジのように突出部分がない場合はどのようにしたらよいだろうか。ネジ頭の溝がプラスなら、プラスの溝の上にさらにしっかりとしたマイナスの溝を作り、マイナスドライバーで回すという方法もある。溝の作り方は、鉄ノコでひいたり、ディスクグラインダーを使用したり、貫通のマイナスドライバーを叩いたりすることでマイナスの溝を作ることが可能だ。

3. ドリルでネジに穴を開ける対処方法

鉄鋼用ドリル
上記の方法が使えない場合、鉄鋼用ドリルで「ネジの真ん中に穴をあける」という方法がある。まず専用の工具を装着したドリルで、ネジの頭に正回転で穴をあける。その後、ビットを反対にして、逆回転でネジを外していく。ビットの先端は逆ネジのようになっているので、逆回転することで、ビットはネジに食い込み、ネジは外れる方向に回転する、というわけだ。

結論

「なめたネジ」に対するいろいろな手段を紹介した。電動ドライバーでネジを打ち込むのは一瞬だが、なめたネジを外すのには相当の時間とエネルギーが必要になる。究極の対策は「ネジをなめない」ことだ。工具を使う際は正しい方法、適切な力加減に気を付けたい。
  • 更新日:

    2022年7月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧