このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗剤を投入

ココの掃除しないと洗い物がドロドロに…?洗濯機の『柔軟剤投入口』をピカピカにする方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月29日

あなたの家にある洗濯機の柔軟剤投入口は、ドロドロになってはいないか?わからなければ、確認してほしい。また、すでにドロドロ状態ならば、掃除を始めよう。なぜ、柔軟剤投入口を掃除したほうがよいのか?掃除方法も紹介するので、ぜひ取り入れてほしい。

  

1. なぜ、柔軟剤の投入口は掃除が必要なのか?

柔軟剤と投入
柔軟剤の投入口に誤って洗剤を入れてしまった場合はもちろん、そうでなくとも定期的に掃除をしたほうがよい。柔軟剤のカスやホコリなどが溜まると雑菌が繁殖してカビが生えたり、柔軟剤が流れにくくなったりするためだ。

2. 取り外せる柔軟剤の投入口を掃除する方法

柔軟剤
まず、柔軟剤の投入口を手前に引き出して取り外し、水洗いする。そして、キレイな柔らかい布で水気を拭き取る。四隅などに汚れがたまっているときは綿棒を使うと落としやすい。取り外せる柔軟剤の投入口は、引き出しなどケースタイプが多い。そのまま丸洗いできるので、詳しい方法は取扱説明書でチェックしておこう。

3. 取り外せない柔軟剤の投入口を掃除する方法

柔軟剤
まず、40℃程度のぬるま湯を柔軟剤の投入口に注ぎ5〜10分ほど放置する。その後、洗濯機のメニューを脱水に設定し3分間ほど運転する。最後は、キレイな柔らかい布で柔軟剤の投入口やその周りを丁寧に拭き上げる。汚れや水分が残ると雑菌の繁殖やカビが発生する原因となるためだ。取り外せない柔軟剤の投入口を掃除する場合は、ぬるま湯を使う(機種により適した掃除方法が異なるため、事前に取扱説明書は確認が必要)。一度で汚れが落ちなければ再度繰り返してもよい。

結論

洗濯機の柔軟剤投入口をタイプ別に掃除する方法を、知っていただけただろうか?掃除をしていないと、柔軟剤の投入口で雑菌が繁殖したりカビが生えたりする。そのリスクを避けるためにも、柔軟剤の投入口は定期的に掃除をするようにしよう。
  • 更新日:

    2022年7月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧