このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カロリーと糖質が高いあの食品

【ダイエット中は食べるのNG!?】実はカロリーと糖質が高いあの食品について解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月28日

これからの季節、そうめんを食べたくなる人が多いだろう。家族や友人と、流しそうめんを楽しむ予定の人もいるはずだ。そこで今回は、そうめんのカロリーや糖質、太らないための食べ方を紹介する。ダイエット中の人は、本記事の内容をぜひ参考にしてほしい。

  

1. そうめんのカロリーと糖質

そうめんのカロリーと糖質
まず紹介したいのが、そうめんのカロリーと糖質だ。乾燥そうめんの場合、100gあたりのカロリーは333kcal、糖質は70.2gである。1束(50g)あたりに換算すると、カロリーは約167kcal、糖質は35.1gだ。生うどん100gあたりの数値と比較すると、そうめんの方がカロリーも糖質も高い。ただ、一食あたりで考えるとそうめんの方が低くなるため、健康的といえるだろう。そうめんは麺が細くて喉越しがよいため、食べ過ぎには注意していただきたい。

2. そうめんは太りやすい食材?

そうめんは太りやすい食材?
そうめんは炭水化物が多いため、単品で食べると太りやすくなる。ビタミン類が不足すると代謝が低下し、エネルギーとして消費されなくなるのだ。また、食後の血糖の上がりやすさを示す値である「GI値」が高いことも、太りやすい理由の一つである。GI値が高い食材を食べ続けると、高血糖の状態が長引き、最終的に太ってしまうだろう。さらに、冷たいものを多く摂取すると内臓が冷えて基礎代謝を低下させる。 結果的に、太りやすい体質になってしまうのだ。

3. 太らないための食べ方とは?

太らないための食べ方とは?
そうめんを食べるときは、栄養が偏らないよう献立を工夫しよう。トッピングを添えたり、おかずをつけたりするとよい。野菜だけでなく、タンパク質も摂取することをお忘れなく。また、一食の分量を決めて食べることも大切なポイントである。まとめてゆでたそうめんを家族で取り分ける場合は、とくに注意しよう。喉越しを楽しみながら食べるのもよいが、少量でも満足感を得られるように、よく噛んで食べていただきたい。

まとめ

そうめんはカロリーや糖質が高いが、ポイントを押さえればダイエット中でも食べられる食材だ。どうしても気になる人は、糖質オフのそうめんを食べよう。食べ方を工夫しながら、おいしく食べていただければ幸いである。
  • 更新日:

    2022年7月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧