このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ケバブは何の肉?

ケバブは何の肉を使ってるか知ってる?実は知らない肉の正体とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月29日

突然だが「ケバブ」が何の肉であるかをご存知だろうか。今回はその答えを、記事の中で解説する。ヒントは「一種類の肉とは限らない」ということだ。ぜひ予想をした後に読み進めていただきたい。

  

1. ケバブとは?

ケバブとは?
ケバブとは、肉類・野菜類・魚類を炙り焼きにした料理の総称のことだ。トルコ料理の一つで、主に中東およびその周辺エリアで供されている。日本では、キッチンカーや屋台で見かけることが多いだろう。大きな肉の塊を回転させて、削いでいる様子を想像する人もいるはずだ。

2. 意外すぎる!ケバブの正体とは?

意外すぎる!ケバブの正体とは?
日本で目にすることが多いのは、ずばり「ドネルケバブ」である。薄切りにした牛肉・鶏肉・羊肉などに下味をつけ、重ねて塊にしたものを回転させて全体を炙り焼きにするのだ。つまり肉の塊とはいっても、一種類の肉を使用しているわけではないのである。多くの場合、薄切りにした数種類の肉をドネルケバブ機へ串刺しにして形成するようだ。

3. 使われる肉の種類は?

使われる肉の種類は?
ケバブといえば、以前は羊肉がメインの料理であった。しかし日本のドネルケバブには、幅広い種類の肉が使用されていることが多い。主に牛肉や鶏肉が使われており、場合によっては豚肉が用いられることもある。ただし中東では、宗教上の理由から豚肉の使用が避けられている。イスラム教徒が多いためだ。ちなみに、日本のトルコ料理店であっても「ハラール」を掲げる店では豚肉以外の肉が使われている。
肉の種類にこだわりがある人は、事前に確認しよう。

まとめ

ドネルケバブの肉の正体は、数種類の薄切り肉を塊にしてローストしたものであった。キッチンカーや屋台で見かけることが多いが、日本のトルコ料理店でも食べられるかもしれない。気になる人は、これを機に食べてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年7月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧