このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホタテのオレンジ色の部分

ホタテのオレンジ色の部分って食べていい?意外と知らないその正体とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月31日

バーベキューなどでホタテを焼いた経験がある方もいるだろう。ホタテを焼くと、オレンジ色の部分がより鮮やかに変色する。あのオレンジ色の部分は食べてもいいのか悩んだ経験があるかもしれない。今回は、ホタテのオレンジ色の部分の正体を解説していこう。

  

1. ホタテのオレンジ色の部分は一体何?

ホタテのオレンジ色の部分は一体何?
ホタテのオレンジ色の部分は、ズバリ雌の卵巣である。実は、ホタテは他の多くの貝類とは異なり「雌雄異形」なのだ。ホタテのオレンジ色の部分は卵巣なので雌にしかなく、雄には乳白色の精巣がある。ホタテに雄雌があることは初耳かもしれない。食べる機会があったらぜひチェックしてみてほしい。

2. ホタテのオレンジ色の部分は食べられる

ホタテのオレンジ色の部分は食べられる
ホタテのオレンジ色の部分は食べても問題ない。ただし、スーパーなどで購入したホタテを食べるときは生食を避け、加熱してから食べることをおすすめする。ホタテには貝毒の危険性があるからだ。「ウロ」と呼ばれる黒色の中腸線に、毒がたまりやすいといわれている。スーパーなどで販売されているホタテは検査を受けているため毒はないが、念のために加熱したほうが安心だ。

3. ホタテのオレンジ色の部分は生食できない?

ホタテのオレンジ色の部分は生食できない?
解説したように、スーパーなどで購入したホタテは加熱調理をすることをおすすめする。ただし、ホタテのオレンジ色の部分は生食できないわけではない。鮮度のよいものなら生食できるため、とれたての新鮮なホタテを提供する店を探してみるのも1つの手だ。ただし、卵巣部分は産卵期の1月から5月にしかついてないため、食べたい場合はこの時期を狙おう。

結論

ホタテのオレンジ色の部分は雌の卵巣であることが判明した。ホタテは貝類では珍しく雌雄異形なので、雌にはオレンジ色の卵巣、雄には乳白色の精巣がついている。ホタテの卵巣は食べることができるが、生食は避けて加熱調理をしてから食べることをおすすめする。
  • 更新日:

    2022年7月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧