このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
敷布団の捨て方

敷布団の捨て方には落とし穴があるって知ってた?知らないと危険な注意パターンとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月27日

敷布団の寿命は3〜5年が目安といわれているが、いざ捨てようと思ってもどう捨てればよいのか分からない人もいるだろう。今回は、敷布団の捨て方を自治体とそれ以外にわけて紹介していこう。また、敷布団を捨てるときの注意ポイントも紹介する。

  

1. 自治体での敷布団の捨て方

自治体での敷布団の捨て方
一般的な敷布団の分別は「粗大ゴミ」となる。敷布団の大きさに関わらず粗大ゴミとして処分できる自治体が多いが、まずは自治体の捨て方を確認してみよう。一方で燃えるゴミとして処分できる自治体もあることをご存じだろうか。たとえば、福岡市では燃えるゴミ用の袋に入れたときに口が結ぶことができ、さらに重さで袋が破れなければ燃えるゴミとして処分できる。

2. 自治体以外での敷布団を捨てる方法はある?

自治体以外での敷布団を捨てる方法はある?
自治体以外で敷布団を処分する方法もいくつかある。代表的な方法は、不用品回収業者に依頼する方法だ。引っ越しのついでに敷布団を捨てる場合は、引っ越し業者に回収してもらおう。新しい敷布団を購入するなら、下取りサービスを利用するのもおすすめだ。敷布団がまだ新しい場合は、リサイクルショップやフリマアプリで買い取ってもらうという選択肢もある。ただし、肌に直接あたる敷布団は買い取りが難しいケースが多い。

3. 敷布団の捨てる際の注意ポイント

敷布団の捨てる際の注意ポイント
最後に、敷布団の捨てる際の注意ポイントを2つ紹介しよう。敷布団の分別や捨て方は自治体によって異なるため、市町村のホームページなどで確認してほしい。処分方法を間違えると回収してもらえないため、誰かに迷惑をかけてしまう可能性がある。不用品回収業者を利用する場合は、無許可の業者に依頼しないように注意しよう。

結論

いらなくなった敷布団を処分する場合は、自治体で決められた方法で処分するか、不用品回収業者や引っ越し業者を利用する方法がある。まずは市町村のホームページを確認してみよう。新しくてまだ使える敷布団は、リサイクルショップやフリマアプリで売却するのも1つの手だ。
  • 更新日:

    2022年7月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧