このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キッチンハイターを使用する際の注意点

知らないと命に関わります…キッチンハイターを『熱湯』で薄めるのが『絶対NG』な理由とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月27日

キッチンハイターとは、キッチン用品を漂白・除菌する塩素系の台所用漂白剤だ。自宅に常備していくと何かと役立つキッチンハイターだが、使用時にはいくつかの注意点がある。今回は、キッチンハイターの使い方や注意点を紹介していこう。

  

1. キッチンハイターの使い方

キッチンハイターの使い方
キッチンハイターの用途はさまざまだが、今回はふきんの除菌・漂白をする方法を紹介していく。5Lの水に約25mlのキッチンハイターを混ぜて、その中にふきん全体を浸そう。2分後に水でしっかりとすすげば除菌完了だ。ふきんを漂白したい場合は、同じ方法で約30分ほどつけ置きをしよう。

2. キッチンハイターのつけ置き時間

キッチンハイターのつけ置き時間
ふきんなどをつけ置きする場合、長時間つけ置きしたほうが効果的な気がするかもしれない。しかし、長時間つけ置きしても効果は変わらないため、つけ置き時間はパッケージに記載されている目安時間を守ることをおすすめする。長時間つけ置きをすると、素材によっては傷めてしまうリスクもあるため注意しよう。

3. キッチンハイターを使用する際の注意点

キッチンハイターを使用する際の注意点
キッチンハイターを使用する際にはいくつかの注意点がある。酸性の製品と混ざると、有毒な塩素ガスが発生するため注意が必要だ。パッケージにも大きく書いてあるように、酸性の製品とは一緒に使わないようにしよう。また、熱湯で薄めると塩素を含んだ湯気が発生するため避けたほうがよい。キッチンハイターを使用する時は、ゴム手袋を着用して換気をしながら使用してほしい。
キッチンハイターは原液のまま使用せず、パッケージを参考に薄めてから使用しよう。

結論

キッチンハイターは、キッチン用品を漂白・除菌できるアイテムだ。ふきんなどを漂白する場合は、長時間つけ置きをしても効果は変わらないため、パッケージに記載されている目安時間を守ってほしい。また、酸性の製品と混ぜない、熱湯で薄めないなどの注意点を守って使おう。
  • 更新日:

    2022年7月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧