このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生肉は家で切らない方がいい理由

この時期、生肉の扱いは本当に気を付けて。その理由がホントに怖かった…今すぐに出来る対処法もご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月30日

肉類などの食材を切るために使う包丁には、食中毒を引き起こす菌が付着することがあり、普通に洗うだけで清潔を保つことは困難だ。だからといって、生肉を家で切らないということは現実的ではない。実はちょっとした手間で、包丁を清潔に保つことができるので、ぜひ習慣にしてほしい。

  

1. 包丁に付着する生肉の細菌やウイルスに気をつけよう

包丁に付着する生肉の細菌やウイルスに気をつけよう
食材にじかに触れる包丁は、多くの細菌やウイルスが付着し、時間が経つと汚染されていく。
とくに危険性が高い生肉の細菌には、次のような細菌やウイルスが挙げられるので紹介しよう。
  • O-157
  • O-111
  • カンピロバクター
  • ノロウイルス
O-157やO-111は5月から9月にかけての温かい時期に発生し、食中毒を引き起こす。とくに、生レバーは飲食店での提供が禁止されたほどO-157の危険度が高い。カンピロバクターは、鶏肉からの感染が多い。調理の際はしっかり加熱しよう。また、ノロウイルスへの感染は冬に多い。
食材ごとに包丁を分けることで、ほかの食品に細菌が移ることを防ぐことも大切だ。また、同様の意味でまな板も食材ごとに変えた方がいい。

2. 包丁の熱湯での除菌方法

包丁の熱湯での除菌方法
具体的に包丁の消毒方法を紹介していこう。まず、調理した後、包丁は食器洗剤で洗うのが一般的だが、その後、さらに細菌を除去するためには熱湯での消毒が有効的だ。85度以上の熱湯で1分以上直接包丁にかける。もしくは、85度以上の熱湯を張ったものにつけておこう。
また、食器洗い乾燥機で包丁を洗うのも有効な手段だ。最近の食器洗い乾燥機は除菌効果があるものが多い。高温の温風が短時間で包丁を乾燥してくれて、清潔に保つことができる。

3. 包丁のアルコールでの除菌方法

包丁のアルコールでの除菌方法
もう一つ、熱湯のほかに包丁を除菌する方法としてはアルコールの使用がある。洗剤で洗った後に清潔なタオルやキッチンペーパーで水分を拭き取り、キッチン用アルコールスプレーを吹きかける。洗い流しは不要。
また、ハイターなど次亜塩素酸ナトリウムも有効だ。薄めた溶液に包丁を5分程度漬け置きすることで除菌もできる。目安は1Lに10ml。直接吹きかけて2分置いて洗い流してもよい。

結論

毎日使う包丁だからこそ、正しい除菌や消毒の方法を知っておきたいものだ。とくに、温度の関係で菌が繁殖しやすい夏季や冬季には念入りにしておいて損はない。正しく、清潔に包丁を保つことで食中毒から身を守ろう。
  • 更新日:

    2022年7月30日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧