このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブロッコリーの正しい加熱調理

アノ調味料で茹でるのが正解だった!?ブロッコリーを激ウマに仕上げる正しい加熱調理とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月30日

ブロッコリーは、茹でる、蒸す、炒める、揚げるなど火の通し方でさまざまな美味しさになる。栄養価が高く、ほんのり甘みを含んでおり、鮮やかな緑色は大人も子どもも大好きな人気野菜だ。今回は、ブロッコリーの調理法について紹介する。

  

1. 自分好みの歯ごたえに!色鮮やかに茹でよう

自分好みの歯ごたえに!色鮮やかに茹でよう
火を通せばモリモリ食せる人気のブロッコリーだが、茹で加減によって歯ごたえが変わり、美味しくも不味くもなってしまう。理想の歯ごたえを求める場合は、タイマーをセットして、自分の好きな歯ごたえになる茹で時間を割り出しておくことだ。

2. 茹でるより栄養が高い?蒸しブロッコリー

茹でるより栄養が高い?蒸しブロッコリー
ブロッコリーは蒸して火を通すと、茹で汁への栄養の流出が抑えられ、甘みも際立つので茹でるよりもおすすめだ。蒸し器にカットしたブロッコリーとほかの野菜や豆腐や鶏肉なども一緒に蒸せば、彩り鮮やかな温野菜の一皿の完成だ。一工夫した卵ディップやマスタードとマヨネーズを混ぜたディップなど、いろいろなディップで食せばあっという間に1房完食してしまうだろう。

3. ブロッコリーの栄養素は油との相性バツグン!揚げブロッコリー

ブロッコリーの栄養素は油との相性バツグン!揚げブロッコリー
ブロッコリーに含まれるβ-カロテンは、油との相性がバツグンだ。油でベーコンや卵と炒めるのも美味しいが、一度素揚げを試してほしい。カリカリになった蕾の部分が香ばしく、ほのかな苦みも感じられる。揚げたてに塩だけでも十分だが、レモン汁をかけてもビールが進む。

結論

キャベツから生まれたというブロッコリーは、長らくイタリアだけで食された歴史をもつ。プーリア州発祥のブロッコリーをソースにするパスタは絶品だ。茹ですぎてベチャッとなったブロッコリーは再利用が可能。ニンニクや塩を混ぜペースト状にしてバゲットにのせれば、ワインが進む前菜にもなる。
  • 更新日:

    2022年7月30日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧