このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピーマンの肉詰めの意外なテクニック

超簡単なのに、さらにウマい…!ピーマンの肉詰めの肉がはがれない意外なテクニック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月31日

ジューシーな肉汁が閉じ込められたピーマンの肉詰め。作る際の悩みのひとつとして、焼いているうちにピーマンと肉がはがれてしまうという経験はないだろうか。今回は、焼いた後でも肉がはがれにくいテクニックを紹介していく。ぜひ参考にしていただきたい。

  

1. 種を残したまま詰めるとはがれにくい!

種を残したまま詰めるとはがれにくい!
詰め物をはがれにくくする方法のひとつとして、種をつけたまま肉を詰めて焼く方法がある。いつもは切り落としてしまう種の部分。実はピーマンの種やワタは食べることができ、食感も気にすることなくいただけるのでぜひ試していただきたい。

2. 「種とワタは特に苦い」は間違い!?

「種とワタは特に苦い」は間違い!?
ピーマンの種やワタには「ピラジン」という香り成分が多く含まれている。これがピーマンに含まれる「クエルシトリン」という渋みを感じる成分と合わさることで、食べたときに苦みを感じさせている。苦みが気になる際は、低温に熱した油にさっとくぐらせたり、お湯に油を大さじ2杯ほど入れて茹でたりなどの方法がおすすめだ。

3. 種やワタに含まれる栄養とは?

種やワタに含まれる栄養とは?
ワタに多く含まれるピラジンという香り成分には、血行をよくする働きがあるため、育毛効果なども期待できる。そのほかにも、「カプシエイト」という成分には、発汗を促し血行が良くなるという働きをするため、冷え性やダイエットにもおすすめだ。さらに、種にはカリウムが豊富に含まれ、身体にたまった余分な塩分を排出する働きがある。

結論

いつもは取り除いたであろうピーマンの種とワタ。栄養も豊富なうえに、肉詰めの肉がはがれにくくキレイに仕上がるとなれば、使わない手はないだろう。食材を余すことなくまるごと使用して、栄養たっぷりのピーマンの肉詰めを完成させていただきたい。
  • 更新日:

    2022年7月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧