このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
水筒の正しい手入れ方法

「水筒の寿命って何年か知ってる?」手入れの仕方で水筒の寿命が変わるってほんと?意外と知らない正しい手入れ方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月30日

熱中症対策や節約のために、水筒を持ち歩いている人は多いのではないだろうか。毎日のように使う水筒だが、果たして寿命はあるのだろうか。今回は、水筒の寿命やお手入れ方法を紹介していこう。

  

1. 水筒の寿命を種類別に紹介

水筒の寿命を種類別に紹介
水筒の寿命は、水筒の種類によって多少異なる。使い方によっても異なるが、水筒の寿命の目安を種類別に紹介していく。魔法瓶タイプのサーモスの水筒は、保温力や保冷力が落ちてきたら寿命だと判断しよう。ステンレスボトルタイプのタイガーの水筒は、水筒に熱湯を一杯一杯に入れ、数分したら水筒の側面中央から下を触ってみよう。水筒が熱くなっていないのなら、保温が効いていない状態なので買い替えたほうがよい。
ステンレスボトルやマグタイプの水筒は、冷たい飲み物を入れてまわりに水滴がつくようなら寿命だと考えよう。

2. 水筒の寿命をのばすポイント

水筒の寿命をのばすポイント
水筒は使い方次第で寿命をのばすことができる。水筒には入れてはいけない飲み物があるため、取扱説明書を確認してほしい。炭酸飲料や牛乳などは入れられないことがあるため注意が必要だ。もう1つのポイントは、正しくお手入れをすることである。水筒の中には丸洗いできないタイプもあるため、取扱説明書を確認してからお手入れをするようにしよう。

3. 水筒の正しい洗い方

水筒の正しい洗い方
水筒を使い終わったら、その都度早めに洗うようにしよう。水筒のパーツを全部外し、台所用洗剤で細かなパーツを洗っていこう。ぬるま湯でよくすすいだあと、乾かしてから元のように組み立てていく。しつこい汚れは酸素系漂白剤で浸け置きするとよい。水筒をゴシゴシ洗うと傷つける可能性があるため、くれぐれも注意してほしい。

結論

水筒の寿命は、水筒の種類によって異なるため取扱説明書を確認しよう。また、水筒の使い方や洗い方によっても寿命は変わってくる。水筒には入れてはいけない飲み物があるため、取扱説明書を確認して、該当する飲み物は入れないようにしよう。使い終わったらすぐに洗うこともポイントだ。
  • 更新日:

    2022年7月30日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧