このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カラーボックスを使った収納アイデア

「こんな使い方知らなかった!」収納力がUP!?カラーボックスを使った驚きの収納アイデアを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月31日

部屋の収納に欠かせない「カラーボックス」。あるアイテムを使えば、カラーボックスの収納力をさらにアップさせられる。今回は驚きの収納アイデアや、オシャレな見た目にするためのDIYの方法を紹介しよう。

  

1. カラーボックスの収納力を高める「アレ」とは?

カラーボックスの収納力を高める「アレ」とは?
カラーボックスの収納力をアップさせてくれるのは、ズバリ「引き出し」だ。取っ手などをつけたりする必要はなく、市販されているプラスチック製のケースなどを取り入れるだけでよい。100円ショップやホームセンターなどで、手軽に購入できるだろう。カラーボックスを縦置きと横置きのどちらにするか決めた上で、適切なサイズの引き出しを見つけてほしい。

2. カラーボックスに引き出しを取り入れるメリット

カラーボックスに引き出しを取り入れるメリット
引き出しを設置することで、棚の高さを活かした収納が可能になる。デッドスペースを活用でき、収納力が大幅にアップするだろう。整理整頓がしやすくなるのも、うれしいポイントだ。また引き出しを設置することで、カラーボックスの中身が見えなくなる。生活感がなくなり、部屋全体が落ち着いた印象になるだろう。引き出しのメーカーや色味を統一すれば、よりオシャレな見た目になるはずだ。

3. 簡単に取り入れられるDIYアイデア

簡単に取り入れられるDIYアイデア
引き出しの上部にスペースがある場合は、突っ張り棒を使って簡易的な棚を作ろう。突っ張り棒を2本用意し、前後に並べて取り付けるだけでOKだ。その上に小さめのトレイや収納ケースを置けば、新たな引き出しが生まれるだろう。また、引き出しの表面にベニヤ板を貼り付けて取っ手を付ければ、カラーボックス全体が本格的な収納アイテムとなる。少し高度な技術が必要となるため、難しい場合はリメイクシートを活用しよう。

まとめ

カラーボックスに引き出しを取り入れることで、見た目や収納力がアップする。寸法を正確に測り、カラーボックスのサイズに合った引き出しを用意することが大切だ。余力があれば、DIYでさらにアレンジするとよい。自分好みのデザインに仕上げてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年7月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧