このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオルケット「洗わないリスク」

タオルケットは定期的に洗わないとアレがウジャウジャ?危なすぎる「洗わないリスク」って?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 3日

あなたはタオルケットを定期的に洗っているだろうか。汚れや臭いががなければ、たまに洗えばよいと思っている人もいるだろう。しかし、汚れを放置すると健康を損なう恐れがあり危険なのだ。今回は、タオルケットを洗わないリスクや洗濯方法を紹介していこう。

  

1. タオルケットを洗わないリスクとは?

タオルケットを洗わないリスクとは?
タオルケットには、就寝中にかいた汗を吸収する役割があり、吸収性が高い点が特徴である。タオルケットにはホコリや小さなゴミがつきやすく、一見きれいでも汚れが付着していることがあるのだ。ダニが発生する可能性もあり、アレルギー性結膜炎やアトピー症状を引き起こす可能性もある。自分や家族の健康を守るために、タオルケットは定期的に洗ったほうがよいだろう。

2. タオルケットの正しい洗い方

タオルケットの正しい洗い方
タオルケットを洗濯する頻度は、1~2週間に1回が理想的だ。基本的には洗濯機で洗い、汚れが付着しやすい首の部分などは先に手洗いすればなおよい。タオルケットの種類によっては洗濯機を使えないケースもあるため、洗濯前には洗濯表示を確認してほしい。フワフワの仕上がりを期待するなら、柔軟剤を使うのもおすすめである。

3. タオルケットのお手入れのポイント

タオルケットのお手入れのポイント
タオルケットを洗うときに徹底してほしいのは、洗濯後によく乾燥させるということだ。水分が残っていると、生乾きの臭いが発生する可能性がある。ダニが残ってしまうケースもあるため、しっかりと乾燥させてほしい。ブランケットの種類によっては、陰干しを推奨するタオルケットもあるため、洗濯前に洗濯表示を確認しよう。ダニを完全に死滅させたい場合は、乾燥機を使用するのがおすすめだ。

結論

一見きれいに見えるブランケットでも、ホコリや汚れが付着していることがある。ダニが発生するリスクもあるため、可能であれば週に1度程度は洗濯機で洗い、しっかりと乾燥させよう。ブランケットの種類によっては、洗濯方法や乾燥方法に指定があるケースもあるため注意してほしい。
  • 更新日:

    2022年8月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧