このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
『ジップロック』正しい洗い方

『ジップロック』は何回まで再利用OK?キレイに使い続ける正しい洗い方のコツも解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 1日

保存や調理に便利なジップロックは、あまり汚れていないと繰り返し使いたくなってしまう。しかし食材などを入れて使用するため、繰り返し使うのは衛生面が気になる。この記事では、ジップロックを再利用できる回数や洗い方など、衛生的に再利用する方法を紹介していく。

  

1. ジップロックは再利用できるか?

ジップロックは再利用できるか?
ジップロックに食材や料理などを直接入れた場合には、食中毒の原因であるサルモネラ菌が付着することがあるので、再利用はやめておこう。冷凍保存しても菌は死滅しないうえ、洗剤で洗っても菌を落とすことは難しい。加熱した肉や野菜でも、菌が残る可能性がある。
どうしても再利用したい場合には、一度食材をラップやビニール袋で包んでから使おう。

2. ジップロックは何回再利用できる?

ジップロックは何回再利用できる?
ジップロックは使い捨てが基本だが、清潔を保てるなら再利用が可能だ。ただし、直接料理を入れない場合でも数回ほど使用したら捨てよう。ジップロック以外のジッパー付きポリ袋では、再利用できるタイプもあるので、回数や使い方は説明書をよく確認してほしい。
食品以外に使用する場合には何度でも再利用可能だが、汚れが酷い場合には、洗ったり新しいものに交換したりしよう。

3. ジップロックを再利用するときは洗おう

ジップロックを再利用するときは洗おう
ジップロックを再利用する場合には、まず内側を水洗いしてから、中性洗剤とスポンジで丁寧に洗おう。底や折り目は汚れが残りやすいので、裏返して丁寧に洗うのがポイントだ。水ですすいで水気をきったら、アルコールスプレーをしよう。
水分が残っているとカビが発生する場合があるので、風通しの良い場所で、両面しっかり乾燥させることが重要だ。先に清潔な布で拭くと乾燥時間を短縮できる。

結論

使い捨てが基本のジップロックだが、再利用したい場合には食材をビニール袋やラップ包んでから使おう。再利用する前には中性洗剤で洗い、数回使用したものは再利用をやめておこう。清潔を保って再利用することが安全につながる。
  • 更新日:

    2022年8月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧