このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レジ袋収納術

面倒くさいレジ袋折り畳みがついに無くなる『ティッシュの空き箱』を使った簡単で便利すぎる収納術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 4日

かさばりやすいレジ袋をスッキリと収納できる、手軽に実践可能なティッシュ箱を使ったレジ袋収納をご紹介しよう。あわせて、ティッシュ箱がおすすめの理由も解説する。レジ袋収納に困るあなたは、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. レジ袋収納時のよくある問題点

レジ袋収納時のよくある問題点
レジ袋収納の問題点は、かさばることだ。たくさんストックするなら大きなサイズのカゴや袋が必要になる。レジ袋を1枚ずつたためばコンパクトに収納できるが、時間や手間がかかるだろう。また、レジ袋は生活感が出やすいアイテムだ。中身が見えてしまうと部屋が雑多な印象になってしまう。これらの問題を解決できるのが、ティッシュ箱を使ったレジ袋収納だ。

2. ティッシュ箱を使ったレジ袋の収納方法

ティッシュ箱を使ったレジ袋の収納方法
簡単にできる、ティッシュ箱を使ったレジ袋収納を作る方法を紹介する。
  • レジ袋の持ち手部分と底を持って細長くなるよう伸ばす。
  • レジ袋の持ち手部分がティッシュ箱の外に出るよう収納し、その外に出た持ち手の輪の部分に、次に収納するレジ袋の底を3cmほど通す。
  • 手順2を繰り返す。
この収納方法は、取り出す際ティッシュのように次々と新しいレジ袋が出てきて便利だ。

3. レジ袋収納にティッシュ箱がおすすめな4つの理由

レジ袋収納にティッシュ箱がおすすめな4つの理由
まず、狭いスペースにも置くことができ、コンパクトに収納できる。かつ、持ち運びもしやすい。また、材料はティッシュ箱だけなので、お金がかからない。さらに、レジ袋を1枚ずつ畳むような余計な手間を軽減できる。もし生活感が気になるなら、ティッシュカバーやケースを活用すると、部屋になじむインテリアになる。マグネットタイプのカバーを利用すれば、冷蔵庫横などに貼り付けて使用できる。

結論

レジ袋を畳まなくてもコンパクトに収納でき、ティッシュのようにサッと取り出せる収納方法を紹介した。ティッシュカバーやティッシュケースを使えば、インテリア性もアップするだろう。ティッシュ箱を使ったレジ袋の収納の便利さを、ぜひ実感してほしい。
  • 更新日:

    2022年8月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧