このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
傘の取り違いや盗難を防ぐ超簡単な方法

「自分の傘がなくなってる…」傘の盗難を防ぐ超簡単な方法と目からウロコのアイテムとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 2日

雨の日の外出時に気をつけたいのが、傘の取り違えや盗難だ。外出先で、傘がなくなる経験をした方もいるだろう。目印のない傘は、とくに注意が必要である。この記事では、傘の取り違えや盗難を防ぐ方法について紹介する。

  

1. 目印の必要性について

目印の必要性について
傘が取り違えられたとき、ビニール傘などであれば「また買えばよい」と切り替えられるかもしれない。だが、高級な傘だったらそうはいかないだろう。目印があるだけで取り違えや盗難リスクを低減できるのであれば、ぜひ取り付けておくべきだ。

2. 目印を付けたほうがよい傘とは?

目印を付けたほうがよい傘とは?
とくに目印を付けたほうがよいのはビニール傘だろう。ビニール傘は、コンビニなどで容易に手に入るため、持っている方も多く見間違えが起こることも多い。一方、デザインや色が個性的な傘は取り違えの可能性は低いが、念のため目印を付けておけば安心だ。
また、盗まれたくない高級な傘にもできれば目印がほしい。高級な傘は買い直すのも大変であり、何より悔しいだろう。ほかの傘と似たようなデザインや色の場合は目印を付けることをおすすめする。

3. 傘の目印におすすめのアイテム3選

傘の目印におすすめのアイテム3選
傘の目印になるアイテムとは、どのようなものだろうか?ここでは、男性にもおすすめのアイテムを紹介する。

HUKURO「カサタグ」

レザー製のシンプルなデザインで、どんな傘にも合わせやすいタグだ。

清和産業「傘杖ぴたっシュ」

ネームタグのようなこちらのアイテムは、デスクなどに引っかければ簡易的な傘立てとしても使用できる。

BEE&BLUE「アンブレラハンガー」

こちらもデスクに引っかけて簡易的な傘立てにすることが可能だ。ポップなデザインと豊富なカラーが特徴である。

結論

目印を付けるだけで、取り違えや盗難から傘を守れる確率はグンと高くなるはずだ。オシャレなデザインのものも多いので、探してみるとよいだろう。悲しい思いや悔しい思いをしないためにも、傘の目印をおすすめしたい。
  • 更新日:

    2022年8月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧