このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フライパンで『ホイル焼き』を作る

ホイル焼きで絶対避けたい『重大なリスク』!?フライパンで作るとき絶対に注意すべきこと

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 6日

フライパンを使ったホイル焼きは、おいしくて手軽にできる人気メニューだ。しかし、フライパンでホイル焼きを作るときにはいくつかの注意点がある。今回は、フライパンで作るホイル焼きの注意点と対策を紹介しよう。

  

1. フライパンで作るホイル焼きの注意点

フライパンで作るホイル焼きの注意点
フライパンでホイル焼きを作るときに注意してほしいのは、テフロンなどでコーティング加工してあるフライパンを使う場合である。ホイルが接していない部分が空焚き状態となり、コーティングがはがれるリスクがあるのだ。コーティングのないフライパンであれば、このようなリスクを心配する必要はない。

2. フライパンに水を張る

フライパンに水を張る
コーティング加工がしてあるフライパンでホイル焼きを作りたい場合、フライパンに水を張ることで空焚き状態を避けられる。フライパンに少量の水を張り、ホイル包みをのせて加熱していこう。途中でフライパンの中の水が蒸発してなくならないように、しっかりと見張っておき、水がなくなったら足すようにしよう。

3. 弱火を使ってフライパンを守る

弱火を使ってフライパンを守る
もう1つの対策は、弱火を使ってフライパンを守ることだ。強火で加熱すると高熱になりやすく、フライパンへの負担が大きい。しかし、弱火で調理すると、ホイル焼きが完成するまでに時間がかかる点がデメリットである。加熱時間を短くするには、食材を常温に戻してから調理する、火の通りやすいサイズにカットするなどの工夫が必要だ。少し手間はかかるが、フライパンを守るためにぜひ実行してほしい。

結論

フライパンを使ったホイル焼きは、手軽にできておいしい。しかし、テフロンなどでコーティング加工してあるフライパンでホイル焼きをすると、空焚きとなりコーティングがはがれる可能性がある。コーティング加工してあるフライパンでホイル焼きを作る場合は、フライパンに水を張る、弱火で調理するなどの工夫が必要だろう。
  • 更新日:

    2022年8月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧