このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオルの黒カビを落とす簡単な方法

「こんな簡単に落ちるなんて…」タオルの黒カビを落とす簡単な方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 2日

毎日使っているタオルに、黒カビが生えていたらショックを受けるだろう。実は、しっかりと洗濯をしていても、黒カビが発生することがある。今回は、タオルの黒カビや臭いを落とす方法を紹介していこう。

  

1. タオルの黒カビや臭いには「漂白」

タオルの黒カビや臭いには「漂白」
タオルの黒カビや臭いを解消できる有効な方法は「漂白」である。酸素系漂白剤を使用して、タオルの黒カビや臭いをすっきりと除去しよう。酸素系漂白剤には漂白効果だけではなく、除菌効果も期待できる。

2. タオルの漂白方法

タオルの漂白方法
さっそくだが、タオルの漂白方法を紹介していく。タオルを漂白する際は「酸素系漂白剤(粉末タイプ)」「40~50度のお湯」「洗面器」「ゴム手袋」の4つを用意しよう。タオルがつかる程度のお湯を洗面器に入れ、規定量通りの酸素系漂白剤を投入する。そこに洗濯済みのタオルを入れて、1~3時間ほどつけ置きをするだけで漂白ができる。漂白後は、天日干しで乾燥させれば完成である。タオルを漂白する際は、手荒れ防止のためにゴム手袋をつけることをおすすめする。

3. ひどい黒カビや臭いはどうすべき?

ひどい黒カビや臭いはどうすべき?
残念ながらタオルを漂白をしても、黒カビや臭いが改善しないケースもある。そのようなときは、酸素系漂白剤と洗濯用洗剤を使ってタオルを煮洗いしよう。大きめな鍋を用意することをおすすめする。ただし、アルミ製の鍋は酸素系漂白剤との相性が悪く、化学反応を起こす可能性があるため使用しないでほしい。煮洗いをしても黒カビや臭いが改善されない場合は、クリーニング業者に依頼することを検討してみてはいかがだろうか。

結論

毎日タオルを洗っていても、黒カビや嫌な臭いが発生することがある。そのようなときは、酸素系漂白剤を使用してタオルを漂白してみよう。落ちにくい場合は、酸素系漂白剤と洗濯用洗剤を使ってタオルを煮洗いするとよい。最終手段はプロに依頼することだが、コスパ重視なら今回紹介した方法を試してほしい。
  • 更新日:

    2022年8月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧