このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
Tシャツの黄ばみ対策

Tシャツの黄ばみを一瞬で落とす「アレ」とは!?驚くべき効果があるまさかの洗剤を徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 6日

同じTシャツを何度も着用していると、気になり始める「黄ばみ」。とくに白っぽい色のTシャツは、黄ばみが目立ちやすいだろう。そこで今回は、Tシャツが黄ばむ理由や落とし方、予防方法を紹介する。Tシャツが欠かせないこれからの季節、知っておいて損はないはずだ。

  

1. Tシャツが黄ばむのはどうして?

Tシャツが黄ばむのはどうして?
黄ばみの原因は、ずばり「角質や皮脂が酸化したもの」である。着用のたびに洗濯していても、これらの汚れを完全に取り除くことは困難だ。中でも麻や綿などの素材は吸収性が高く、繊維の内部へしみ込んだ汚れが残りやすい。また、ドライクリーニングも黄ばみの原因となる場合がある。使用する石油系の洗剤が、角質や皮脂などの水溶性タンパク質の汚れに弱いためだ。時間の経過とともに酸化し、知らないうちに黄ばみとなっているだろう。

2. 黄ばみを落とす方法

黄ばみを落とす方法
Tシャツの黄ばみは、軽度であれば比較的簡単に落とせる。通常の洗濯をする前に、黄ばみが気になる部分へ液体の酸素系漂白剤を軽くもみ込もう。もみ込んだ後は、ほかの洗濯物と一緒に洗っても構わない。この方法で落ちないときは、お湯に洗濯洗剤と酸素系漂白剤を溶かし、浸けおき洗いをしよう。40~50度のお湯を使えば、酸素系漂白剤の効果を十分に発揮できるはずだ。

3. 黄ばみは予防できる?

黄ばみは予防できる?
黄ばみのもととなる水溶性タンパク質の汚れは、時間が経つにつれて落ちにくくなる。汚れが酸化しないよう、すぐに洗濯をするか水に浸しておこう。また袖付きのインナーを着用し、Tシャツに皮脂がつかないようにするのも大切なポイントだ。速乾タイプのインナーであれば、なおよいだろう。

まとめ

Tシャツの黄ばみは、時間の経過とともに酸化して起こる。気付いたらすぐに対処することが大切だ。またインナーの種類や洗濯のタイミングに注意することで、黄ばみは予防できる。お気に入りのTシャツを長く着用できるよう、丁寧に手入れしていただきたい。
  • 更新日:

    2022年8月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧