このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピーマンの和風小籠包

たった15分で和風小籠包が作れちゃう!?まるごと「アレ」を使った裏技レシピとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月13日

小籠包というと、作るのが難しい印象を持ちます。特に、皮の部分がうまくいかないです。実は、ピーマンの皮で代用ができてしまうとのこと。本当なのか、検証してみます。

  

1. ピーマンは少し大きめのサイズを選んだほうが良い

材料
材料は、スーパーにて売られているもので、揃えることができますよ。
  • ピーマン:4個
  • シメジ(ほぐして):16~20本
  • かつお節:4つまみ
  • 塩昆布:4つまみ
  • とろけるチーズ:適量
  • 醤油:小さじ1/2
  • サラダ油:小さじ2
和風ということもあって、かつお節や塩昆布が使われています。 ピーマンは少し大きめのものを選んだほうが作りやすいです。

2. 丸ごとピーマンを使っているので健康に良さそう

材料を詰めたピーマン
ピーマンに切り込みを入れて、かつお節、塩昆布、ほぐしたシメジ、とろけるチーズ、醤油を中に詰めていきます。ピーマンは丸ごと使っているので、健康に良さそうですね。

3. ピーマンが柔らかいと和風小籠包のような風味を楽しめる

コンロにかけたフライパン
油を引いたフライパンに並べて、弱火で蓋をして5分ほど焼きます。面をそれぞれ変えていき、3分ほど焼けば完成です。ピーマンが柔らかいと、和風小籠包のような風味を楽しめますよ!

結論

調理時間が短いのは、忙しい主婦の味方ですね。 15分以内で作れちゃいましたよ! 丸ごとピーマンを使っているので、栄養価が高そうですね。 ピーマンが苦手な人にとってはやはり苦味を感じるので、賛否は分かれそうです。 気になる人は、お試しあれ!
  • 更新日:

    2022年9月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧