このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
長持ちするバナナの保存方法

【大量に買っても心配無用!】バナナを2倍長持ちさせる方法が本当に優秀すぎ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月21日

手軽に食べられておいしいバナナ。そんなバナナですが、あっという間に熟してやわらかくなりすぎてしまいますよね。もう少し長く保存できたら助かるのに…と思っている人も多いのでは?そんな人は必見!バナナを長持ちさせる保存方法があるとのこと。さっそく試してみました。

  

1. 柄を切り落とす

柄を切り落とす
バナナを用意します。
バナナの柄の部分を包丁で切り落とします。

2. ラップで包み冷蔵庫で保存

ラップで包み冷蔵庫で保存
1本ずつラップに包みます。
隙間がないようにぴっちりと包んでくださいね。
このまま冷蔵庫に保管します。

3. 10日後のバナナを比較(見た目)

10日後のバナナを比較(見た目)
10日たったバナナがこちら。
左が普通に保存したバナナ、右がラップを巻いて保存したバナナです。
左の方がやや黒いですが、どちらもだいぶ皮が黒くなってしまっています。

4. 10日後のバナナを比較(やわらかさ)

10日後のバナナを比較(やわらかさ)
皮をむいて中身を確認してみました。
普通に保存したバナナはかなり柔らかくなっていて、表面がざらっとした感じ。
ラップに包んで保存したバナナは固く、表面がさらっとしてまっしろ。
スプーンで同じ力で押して比較してみました。
普通に保存したバナナはやわらかくてどんどんスプーンがめり込んでいきます。
一方、ラップで保存したバナナは固く、あまりスプーンが入っていきません。
ラップに包んで保存するほうが長持ちすることがわかりました!
いつまでもおいしく食べられますね。

結論

バナナを1本1本ラップで包み保存することで、長持ちさせることができました。
この方法であればたくさんバナナを買った時などに便利!
熟しすぎる心配をすることなく、長い期間おいしく食べることができます。
ぜひお試しください。
  • 更新日:

    2022年9月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧