このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フランス菓子「シブースト」

たった一つでカロリー2000kcal超え!?食べる前に知っておくべきフランス菓子の正体とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月21日

フランス菓子の「シブースト」をご存じだろうか。見た目からもカロリーが高そうな印象を受けるため、食べるのをためらう人もいるかもしれない。そこで今回は、シブーストのカロリーと糖質について解説していこう。

  

1. シブーストのカロリーは?

シブーストのカロリーは?
レシピや材料によるが、シブーストはかなりカロリーが高い。直径16cmのシブーストの場合、約2242kcalもあるというから驚きである。シブーストは、スポンジケーキやパイ生地の土台に、カスタードクリームやイタリアンメレンゲを合わせたクリームで層を作ったお菓子だ。甘く煮たりんごが入っているのも特徴的である。バターやグラニュー糖をふんだんに使うので、カロリーが高くなるのは仕方がないだろう。

2. シブーストの栄養価は?

シブーストの栄養価は?
続いては、シブーストの栄養価を見ていこう。シブーストには小麦粉やバターをふんだんに使っているため、脂質や炭水化物の値も高い。直径16cmのシブーストの場合、脂質は85g、炭水化物は320gを超す。カルシウムやたんぱく質量が高いのは魅力だが、栄養摂取目的でシブーストを食べるのはあまりおすすめできない。

3. シブーストは糖質も高い

シブーストは糖質も高い
ダイエット中はカロリーだけでなく、糖質量も気になるものだ。シブーストはグラニュー糖を多く使っているため、当然糖質量も高くなる。直径16cmのシブーストの場合、およそ300gの糖質が含まれている。糖質制限中の方や糖尿病の方は注意したほうがよいだろう。

結論

今回は、フランス菓子のシブーストについて解説した。直径16cmのシブーストの場合、カロリーは約2242kcalもある。また、脂質は85g、炭水化物は320gを超す。炭水化物320gのうち約300gが糖質なので、ダイエット中の人や糖尿病の方は控えたほうがよいかもしれない。もし食べる場合も、食べすぎに注意しよう。
  • 更新日:

    2022年9月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧