このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
『物干し竿』の処分方法

多くの人が損してる『物干し竿』の捨て方って?知って得する超便利な処分方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月13日

不要になった物干し竿は、案外大きいため処分に戸惑うこともあるだろう。粗大ごみに出す方法が一般的だが、それ以外にも方法がある。この記事では物干し竿の処分について4つの方法を提案するので、参考にしてほしい。

  

1. 意外な4つの方法とはこれ!ごみに出す以外の方法も

意外な4つの方法とはこれ!ごみに出す以外の方法も
提案する方法は、「粗大ごみ」「不燃ごみ」「不用品回収業者」「売却」の4つだ。ごみとして捨てる方法は思いつきやすいが、それ以外に業者回収や売却することもできる。それぞれ解説しよう。

2. 粗大ごみや不燃ごみとして自治体に回収してもらう方法

粗大ごみや不燃ごみとして自治体に回収してもらう方法
物干し竿を自治体に回収してもらうには、「粗大ごみ」か「不燃ごみ」で捨てる方法がある。粗大ごみの場合、有料で事前予約が必要な自治体も。物干し竿なら500円~600円程度の料金が目安だ。自宅前で回収してくれる自治体が多く、あまり手間は掛からない。不燃ごみで捨てる場合は、回収費用は不要だがごみ袋に入る大きさに切断する必要がある。パイプカッターを使えば家庭でも切断できるため、道具があるなら不燃ごみで捨てる方法もよいだろう。

3. 不用品回収業者の利用や売却する方法が安くつく場合も

不用品回収業者の利用や売却する方法が安くつく場合も
不用品回収業者に依頼する場合、1本500円程度で回収してくれることが多い。地域によっては運搬出張費が高い場合があるが、無料回収エリア内なら安く済むだろう。連絡と支払いだけでよく手間が少ない点がメリットといえる。フリマアプリなどで売却する場合は、輸送費や梱包の手間がかかるため、手渡しできる相手限定で売るとよいだろう。また、新しい物干し竿を買う際に下取りに出すのもおすすめだ。無料で下取りしている店舗で買い替えれば、費用は掛からない。

結論

物干し竿を処分する4つの方法を紹介した。自治体の粗大ごみ回収が有料の場合は、不燃ごみや業者回収のほうが粗大ごみとして捨てるより費用を抑えられる場合もある。住んでいる地域や家庭の状況に合った処分方法の参考にしてほしい。
  • 更新日:

    2022年9月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧