このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
IHコンロと片手鍋

IHコンロにも寿命があるって知ってた?実は知らない『壊れる前のサイン』とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月20日

IHコンロは、ボタンを押すだけで加熱ができ手入れも手間がかからないため、近年人気が高まっている。しかしいつかは寿命を迎える時がくる。そこで今回は、IHコンロの買い替えのサインや費用について紹介しよう。

  

1. IHコンロの買い替え時のタイミング

焦げたIH
寿命は使用頻度などによって変わるが、一般的には10年ほどとなっている。買い替えの目安としては、8~15年と見ておけばいいのではないだろうか。ただ使用年数に関わらず、加熱に時間がかかるようになったら買い替えを検討しよう。

2. IHコンロの修理・交換の費用

IHの交換をしている男性
メーカーの保証期間内の修理であれば、無料で済むケースが多い。しかし保証期間を過ぎた場合には、部品代、工事費、出張費などが必要となり、数万円はかかるだろう。本体を交換する場合なら、合計で10万円以上必要になることもある。また熱源の口数が多いほど、費用は高額になる。

3. IHコンロの処分方法

粗大ごみ
使わなくなったIHコンロは、新しいIHコンロを購入した販売店や不用品回収業者に引き取ってもらうのがいいだろう。その際には有料となる場合が多い。また小型であれば不燃ゴミ、大型であれば粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法もある。

結論

IHコンロを導入している家庭は、今回の記事を参考に自宅のIHコンロの状態を確認してはいかがだろうか。もし不具合があれば、買い替えを検討する時期かもしれない。そうなれば費用もかかるので、長い間使えるよう日常的にIHコンロの手入れをするのが大事だ。
  • 更新日:

    2022年9月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧