このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レアのお肉

なぜ牛肉は生で食べらるか知ってる?意外と答えられない驚きの理由とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月17日

豚肉や鶏肉とは異なり、牛肉は生焼けでも食べられるといわれている。しかし、本当に大丈夫なのか不安に感じる方もいるだろう。そこで今回は、生焼けの牛肉が食べられる理由や食中毒対策について紹介していこう。

  

1. 牛肉を生焼けでも食べられる理由

生の牛肉
牛肉は生焼けで食べても大丈夫だといわれている。その理由は、牛肉の肉の中には人体に悪影響を及ぼす菌や寄生虫が存在している可能性が低いからである。しかし、食中毒の原因となる菌が牛肉の表面に付着している可能性はあるため、生焼けで食べた際に食中毒を起こすリスクがある。表面に付着した菌は加熱すると死滅することが多いので、表面はしっかりと加熱してほしい。

2. 牛肉の生焼けで食中毒になる原因

生焼けの牛肉
生焼けの牛肉で食中毒になる可能性は低いものの、可能性がゼロなわけではない。生焼けの牛肉で食中毒になる原因は、表面や側面を十分に焼いていないケースだ。食中毒の原因になる菌は牛肉の表面に付着することが多い。そのため、表面や側面をしっかりと焼くことで、菌を死滅させることができる。食中毒の原因となる細菌は主に腸管出血性大腸菌である。具体的にはO157、O111、カンピロバクターだ。 これらの細菌は、梅雨時期から残暑の頃にかけて増殖が活発になるため注意が必要だ。

3. 牛肉の食中毒対策

牛肉とトング
生焼けの牛肉を楽しみたい場合は、表面や側面をしっかりと加熱する以外にもいくつかのポイントがある。調理前には手を洗い、清潔な調理器具や食器などを使うことを心掛けよう。牛肉は中心部を75度以上で1分以上加熱するのがポイントだ。また、購入してきた牛肉は冷蔵庫や冷凍庫で保存し、腐らないようにしよう。

結論

牛肉を生焼けで食べてよい理由は、肉の中に人体に悪影響を及ぼす菌や寄生虫が存在していないからだ。牛肉の表面や側面をしっかりと加熱すれば、生焼けで食べても問題ない。ただし、子どもや高齢者など抵抗力や免疫力が弱い人は、生焼けで食べるのは避けたほうがよいだろう。
  • 更新日:

    2022年9月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧