このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
むきエビ

「冷凍エビ」この解凍方法でウマくなるか?試してみたら衝撃的な結果だった…

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月13日

いろいろな料理に手軽に使えてとても便利な冷凍シーフード。ただ、調理すると小さくなってしまったり、臭みが気になったりすることはありませんか?そんな悩みを解消してくれる裏ワザがあるそうです。本当なのでしょうか?さっそく試してみました。

  

1. どんな裏ワザ?

ボウルに入った水と塩
今回の裏ワザのポイントは、冷凍シーフードを「塩水に浸ける」「料理酒をかける」というもの。 まずは塩分濃度3%の塩水を作ります。 今回は水300ccに対して塩9gを入れて溶かしました。 海と同じ塩分濃度です。

2. 塩水に浸ける

塩水に浸かったえび
塩水の中に冷凍シーフードを入れ、1時間ほど置きます。 さわったときにプニプニと柔らかくなっていればOK。 水気を切り、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

3. 料理酒をかける

えびと料理酒
料理酒をまわしかけます。 全体にサッとかかる程度。 今回は小さじ1ほどかけました。 数分置いてから調理に使います。 これで裏ワザは終了ですが、その効果はいかに...!?

4. 比較した結果

二皿のえび
左が普通に解凍したもの、右が裏ワザで解凍したものです。 どちらもさっと1~2分茹でました。 大きさや色、見た目に違いはほとんどありません。

食べ比べてみると...。 「ほとんど差がない」というのが正直な感想です。 強いて言うなら、裏ワザで解凍したものは薄く塩味がついているな、という程度。 食感や臭みなどに違いはなかったです。 さっと茹でただけでも違いが分からないので、料理に使うとその差はほとんど分からなくなるでしょう。

結論

「塩水で解凍する」「料理酒をかける」というおいしく解凍できる裏ワザを試しましたが、特に効果は感じられませんでした。 見た目、味ともに大きな変化はなかったです。 シーフードに下味がつくので、料理の味がボヤけなくなるというメリットはあるかもしれませんね。 気になる方はぜひお試しください。
  • 更新日:

    2022年9月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧