このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大根

皮を剝かずに「大根おろし」ができるって本当!?意外すぎるその結果とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月12日

さっぱりとしておいしい大根おろし。いろいろな料理に使えて便利ですよね。おろし金で大根をすりおろしていると、最後まできれいにすりおろせなくてもったいないと感じたことはありませんか?そんな悩みを解決する裏ワザがあるとのこと。さっそく試してみました。

  

1. 大根を縦4等分にする

4等分された大根
大根をよく洗い、10cm程度の輪切りにしましょう。 皮がついたまま縦4等分にします。

2. 皮を上にしてすりおろす

皮を上にしてすりおろされる大根
皮を上にして大根を持ちます。 おろし金にあて、普通にすりおろしていきます。

3. 皮全体に指をあててすりおろす

皮だけになった大根
最後の方は指の腹を皮にあてるようにしてすりおろします。 指が滑ってちょっぴり怖い...。 おそるおそる力を入れる感じになるので、スピードダウン。

4. 皮だけが残る

大根おろしと皮
皮だけがきれいに残りました。 指を切りそうだったのでギリギリまですりおろすことができず、少し厚めに実が残ってしまいました。 時間はかかるし皮に実は残るし、イマイチな検証結果となりました。

結論

大根を最後まですりおろせるという裏ワザを試しましたが、結果はイマイチ。 作業しづらいし、皮に実が残ってしまいます。 普通にピーラーで皮をむいてからすりおろす方が無駄がないでしょう。 個人的に微妙な結果でしたが、やりやすいと感じる人もいるかもしれません。 興味がある人は試してくださいね。
  • 更新日:

    2022年9月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧