このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯槽の裏のカビを一発洗浄

届かない洗濯槽裏のカビを一発で落とす!?たったひと手間で出来る「アレ」を使った掃除術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月12日

パッと見はキレイな洗濯機でも、洗濯槽などにカビが生えている可能性がある。ニオイが気になるときは、洗剤を使って洗濯機を掃除しよう。今回は洗濯機を掃除すべき理由や、有効な洗剤の種類などを解説する。これを機に、正しい方法で洗濯機を掃除してもらえれば幸いだ。

  

1. 洗濯機を掃除すべき理由

洗濯機を掃除すべき理由
一見キレイな洗濯機でも、内部に水あかやカビが付着していることがある。カビは汚れや水分をエサとして繁殖するため、湿度が高い時期はとくに注意が必要だ。汚れた洗濯物を放置したり、洗濯機のフタを閉めっぱなしにしたりするのもNGである。洗濯機は定期的に掃除し、清潔な状態で使おう。手間はかかるが、毎月実施するのが理想だ。

2. 洗濯機の掃除におすすめの洗剤

洗濯機の掃除におすすめの洗剤
洗濯機の掃除には、重曹や漂白剤が適している。漂白剤には「酸素系」と「塩素系」の2種類があり、後者であればドラム式洗濯機にも使用可能だ。ただ洗浄力や殺菌力が強いため、使用方法を誤ると色落ちなどが起こる可能性がある。まずは、重曹もしくは酸素系漂白剤を使って掃除してみよう。いずれもドラッグストアなどで手軽に買えるので、これを機にぜひチェックしてほしい。

3. 酸素系漂白剤を使った掃除方法

酸素系漂白剤を使った掃除方法
今回は、酸素系漂白剤を用いた掃除方法を紹介する。次の手順でキレイにしよう。
  • 洗剤投入口やゴミ取りフィルターなどの部品をすべて外す
  • 洗濯槽に40~50度のお湯をため、規定量の酸素系漂白剤を入れる
  • 数時間~半日程度放置し、すすぎ洗いなどで洗濯槽をキレイにする
  • 外した部品を取り付けて完了
外した部品が汚れているときは、ブラシとぬるま湯で洗ってから戻そう。また、洗剤の量や使い方は製品によって異なる。パッケージに記載された内容に従って、正しい方法で掃除していただきたい。

まとめ

汚れが目に見えないからといって、洗濯機の掃除を後回しにしているとアレルギー症状を引き起こす危険性がある。慣れるまでは面倒かもしれないが、月に一度は洗濯機を掃除してほしい。まずは、ドラッグストアで洗剤をチェックしよう。
  • 更新日:

    2022年9月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧