このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビニール袋

もうかさばる心配なし!レジ袋を簡単キレイに収納する裏ワザ!実践してみた。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月14日

スーパーやコンビニでもらったレジ袋、どうやって収納しますか?くるっと丸めるだけだとゴチャッとしてイマイチ見た目がよくないですよね。そこで今日は誰でも簡単にできる三角折り、スマートに収納できる四角折りの2つをご紹介します。1回覚えておけばいろんなシーンで使えますよ♪それではいってみましょう!

  

1. 「三角折り」は子どもでも簡単

三角に折られたビニール袋
まずは定番の三角折り。この方法はメジャーなので、知っている人も多いのではないでしょうか? 縦方向にレジ袋を細く折り、底になる部分を左右の端どちらかに重ねます。あとは三角の形をキープしながら、パタパタと折るだけ。 三角の袋状になった部分に持ち手をたたんで押し込めば完成です。簡単なので、子どものお手伝いネタとしても使えます。

2. 「四角折り」はちょこっと複雑

下を少し折ったビニール袋
四角折りは三角折りよりも難易度アップしますが、一度覚えたら簡単ですよ。

広げたレジ袋の底の方から横向きにたたんでいきます。持ち手の付け根部分まであと2回くらい折れるかな?というところでストップ。

3. 裏返して扉を作るように折る

折っている途中のビニール袋
裏返して、左右の端を袋の中心に向かって折ります。 観音開きの扉を作るようなイメージです。

4. 真ん中で折り、パタパタたたむ

四角く折りたたんだビニール袋
扉の真ん中で谷折りにします。 あとは折り目を頼りに、持ち手に向かってパタパタ折っていくだけ。袋状になったところに持ち手を押し込んだら出来上がりです。

5. 四角折りは出しっぱなし収納におすすめ

透明な箱に収納されたビニール袋
四角折りのいいところは、スマートに収納できるところ。ケースに入れてもきちんと収まり、見た目もいいですね。

キッチンの隅に出しっぱなしで収納したい人におすすめです。

結論

レジ袋の簡単でキレイなたたみ方をご紹介しました。サイズの違う袋を四角折りにするときは、横幅を工夫すれば同じケースにきっちり収まりますよ。

くるっと丸めてしまうよりもカサが減り、収納スペースをとらないのもメリット。レジ袋のゴチャゴチャに悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。
  • 更新日:

    2022年9月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧