このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハイキングする男性の後姿

『ウォーキング』は食後と食前どっちに行うのがいい?脂肪の増加を防ぐ正しい運動法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月12日

健康維持やダイエットのために、ウォーキングを取り入れている方は多いのではないだろうか。実は、ウォーキングをするタイミングによって効果に違いがあるのだ。今回は、ウォーキングをするおすすめのタイミングや注意点を紹介していこう。

  

1. 体型維持や健康維持が目的なら食後がおすすめ

ケチャップのついた皿とスプーン
体型維持や健康維持が目的なら、食後のウォーキングがおすすめだ。食後のウォーキングは、糖質を効率よく消費できる。エネルギーとして消費されなかった糖質は脂肪へと変わるため、食後にウォーキングを行えば体脂肪の増加を防ぐ効果が期待できるだろう。また、食後のウォーキングは交感神経を優位にする効果もある。食後に眠くなりやすい人にもおすすめだ。

2. ダイエット目的なら食前がおすすめ

ごはんとみそ汁などの和食メニュー
ダイエット目的なら、食前のウォーキングがおすすめだ。食前は糖質を消費した状態のため、身体に蓄積されている体脂肪を燃やすチャンスがある。また、交感神経を優位にするため空腹を感じにくくする効果も期待できる。つい食べすぎてしまう人は、食前にウォーキングをしよう。

3. 食事前後にウォーキングをする際の注意点

地面に書かれた矢印とその上を歩く足
食事前後にウォーキングをする際はいくつかの注意点がある。食後すぐにウォーキングをしてしまうと消化に悪影響なため、食後30分ほどあけることをおすすめする。ただし、遅い時間に夕食を食べる場合は、良質な睡眠の邪魔をする可能性があるためウォーキングは避けたほうがよい。食前にウォーキングをする場合は、糖質を少し摂取してから歩くことで、脂質燃焼に使うエネルギーが補給される。

結論

ウォーキングをするベストタイミングは、目的によって異なる。体型維持や健康維持が目的なら食後、ダイエット目的なら食前にウォーキングをすることをおすすめしたい。今回紹介した注意点を意識しながら、食事前後のウォーキングを取り入れてみよう。
  • 更新日:

    2022年9月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧